JR西日本は21日、新たにJR神戸線の三ノ宮駅1番・4番のりばに「昇降式ホーム柵」を設置すると発表した。使用開始時期は2023年春頃を予定している。

昇降式ホーム柵(写真は神戸駅5番のりば)

JR西日本では、駅ホームにおける安全性向上を重要な経営課題ととらえ、ハード・ソフト両面からさまざまな取組みを進めている。ホーム柵の設置はハード対策の重点的な取組みとして行われる。

三ノ宮駅の1・4番のりばは、おもに特急列車や新快速が停車し、昇降式ホーム柵を設置して2023年春頃から使用開始する予定。昇降式ホーム柵の高さは約1.3m、最大開口は約12.7m、柵延長は各のりば約240mとなる。

#ホームドア #JR西日本 #駅


JR西日本、三ノ宮駅に昇降式ホーム柵 – 2023年春頃から使用開始へ

関連記事

事故防止と被害者支援続ける=信楽鉄道事故30年—元TASK共同代表

東武トップツアーズ、東武鉄道100系スペーシア「リバイバルカラー車両」で行く鉄道お買い物ツアーを販売

西武鉄道40000系、3編成を増備 – 2021年度の鉄道事業設備投資計画

「西武・電車フェスタ」開催へ「レッドアロークラシック」ツアーも

西武鉄道、山口線で1960年代のカラー再現したラッピング電車を運行

西武鉄道、ライオンズの選手・監督を起用した電車マナーポスター