千葉県のいすみ市と大多喜町を結ぶいすみ鉄道は、2021(令和3)年3月に乗車2,000万人を達成。4月17日(土)に大多喜駅で記念式典を開催した。式典には地元関係者らが出席し、車両には記念ヘッドマークを掲出した。

いすみ鉄道は国鉄木原線を引き継ぎ1988年3月開業。1992(平成4)年に乗車500万人、1998(平成10)年に乗車1,000万人、2007(平成19)年に乗車1,500万人をそれぞれ達成している。

鉄道チャンネル編集部
(画像:いすみ鉄道)

#千葉 #令和 #車両 #国鉄


いすみ鉄道が乗車2000万人達成、記念式典実施

関連記事

事故防止と被害者支援続ける=信楽鉄道事故30年—元TASK共同代表

東武トップツアーズ、東武鉄道100系スペーシア「リバイバルカラー車両」で行く鉄道お買い物ツアーを販売

西武鉄道40000系、3編成を増備 – 2021年度の鉄道事業設備投資計画

「西武・電車フェスタ」開催へ「レッドアロークラシック」ツアーも

西武鉄道、山口線で1960年代のカラー再現したラッピング電車を運行

西武鉄道、ライオンズの選手・監督を起用した電車マナーポスター