JR西日本が #和牛 販売事業に乗り出した。鉄道事業とはおよそ無関係にも思える畜産分野に参入する狙いはどこにあるのか。(鉄道ジャーナリスト 枝久保達也)

魚の陸上養殖に続き
和牛の販売を計画

以前、JR西日本がサバをはじめとする魚の陸上養殖に乗り出したという記事を書いた。筆者が鉄道会社を退職し、鉄道ライターとして活動を初めた時は、魚の養殖の記事を書くことになるとは思ってもみなかったが、鉄道事業者が魚を養殖するという意外性と、陸上養殖により生食が可能になるという新しさがSNS上で話題となった。

それはそれでいい経験になったなと思っていたら、「今度は牛です」とJR西日本の広報担当者が持ち掛けてきた。サバに続いて牛!JR西日本は一体どこに向かおうとしているのだろうか。しかし、JR西日本が手掛けるのだから面白くない話のはずがない。早速、担当者に話を聞いてきた。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

#JR西日本 #和牛 #陸上 #ジャーナリスト


JR西日本が「極上の赤身肉」を販売、その狙いとは

関連記事

事故防止と被害者支援続ける=信楽鉄道事故30年—元TASK共同代表

東武トップツアーズ、東武鉄道100系スペーシア「リバイバルカラー車両」で行く鉄道お買い物ツアーを販売

西武鉄道40000系、3編成を増備 – 2021年度の鉄道事業設備投資計画

「西武・電車フェスタ」開催へ「レッドアロークラシック」ツアーも

西武鉄道、山口線で1960年代のカラー再現したラッピング電車を運行

西武鉄道、ライオンズの選手・監督を起用した電車マナーポスター