関東鉄道常総線の車両キハ2400形1両(キハ2401号)が昭和40~60年代の旧塗装に塗り直され、4月17日の「キハ2401号復刻塗装お披露目撮影会」で初公開された。同日午後から特製ヘッドマークを掲げ、常総線での営業運転を開始した。

関東鉄道常総線に復刻塗装のキハ2400形(キハ2401号)が登場

「キハ2401号復刻塗装お披露目撮影会」は関東鉄道設立99周年を記念し、設立100年のプレイベントとして開催。イベントの様子は同社公式Twitterにも投稿され、初公開となった復刻塗装のキハ2401号をはじめ、常総線の主力車両の全カラーリングを並べて展示したという。会場の水海道車両基地へ、水海道駅から旧型車両キハ310形による送迎列車も運転されたとのこと。

キハ2401号には復刻塗装車としてのデビューを記念した特製ヘッドマークが掲げられ、イベント終了後、常総線での営業運転を開始。水海道駅15時12分発・取手駅15時40分着、取手駅16時3分発・下館駅17時22分着の列車で運用された。






4月18日の運用も公開され、朝から常総線で営業運転。下館駅12時5分発・水海道駅12時58分着の列車まで運用された。懐かしいクリーム色・朱色のツートンカラーをまとい、特製ヘッドマークを掲げたキハ2401号は水海道駅の上りホームに到着し、回送列車に。しばらく停車した後、13時すぎに発車し、水海道車両基地方面へ向かった。

#気動車 #中小私鉄 #三セク


関東鉄道キハ2400形、ツートンカラーの復刻塗装に – 常総線で運用

関連記事

地方の鉄道会社、存続には「行政の支援が不可欠」「経費これ以上削減は困難」

『第14回 タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット』審査結果発表

JR西日本・ソフトバンク「自動運転・隊列走行BRT」実証実験開始へ

「大阪メトロ」御堂筋線淀屋橋駅に可動式ホーム柵 – 10/2運用開始

JR西日本、山陽新幹線姫路~岡山間「帆坂保守基地」10/1運用開始へ

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ