2021年4月、鉄道ファンを一喜一憂させたのが、「JR西日本どこでもきっぷ」をめぐる動きだ。

発売の知らせを受けて、鉄道ファンからは歓喜の声が相次いだが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、わずか数日後に「発売見合わせ」に。一転、落胆する声が続出する騒ぎとなった。

そもそも、この切符の魅力はどこにあったのか。特徴を解説する。

「どこでもドアきっぷ」との違いは?

4月9日、JR西日本は「JR西日本どこでもきっぷ」「JR西日本関西どこでもきっぷ」「西なびグリーンパス」を16日に発売することを発表した。

「どこでもきっぷ」はJR西日本全線とJR西日本宮島フェリーが乗り放題となり、新幹線・特急も含めて指定席の予約は6回まで、自由席は無制限に利用できる。

JR西日本が乗り入れる第三セクターでは智頭急行が乗り放題、IRいしかわ鉄道線の金沢〜津幡間、あいの風とやま鉄道の富山〜高岡間はJR西日本線への通過利用のみ可能だ。価格は2日間用が1万8000円、3日間が2万2000円となる。子どもは半額だが、単独での購入・利用はできない。

「関西どこでもきっぷ」は「どこでもきっぷ」の関西版、「西なびグリーンパス」は満50歳以上の利用で、グリーン車にも乗れる。

ところで「どこでもきっぷ」は、20年秋にJR西が販売した「どこでもドアきっぷ」と内容面で重なっている部分が多い。今回、大きな注目を集めた理由は、1人利用が認められた点だ。

「どこでもドアきっぷ」は2人から利用可能で、1人旅が好きな方には不満が残る内容であった。筆者も1人旅派であることから、今回の「どこでもきっぷ」に興味を持っていた。

「当分の間」発売見合わせ

多くの鉄道ファンが「ゴールデンウイークは『どこでもきっぷ』を使って旅行しよう!」と思っていた矢先のことだろう。

JR西日本は4月12日、新型コロナウイルス感染症の急拡大やまん延防止等重点措置の適用エリアの拡大などの理由から、「どこでもきっぷ」の16日からの発売を見合わせることを発表した。

見合わせる期間は「当分の間」としている。

大阪府や兵庫県の感染状況を見ると、ゴールデンウイークでの販売・利用は極めて難しいと言わざるを得ない。今年も昨年同様、鉄道旅行や鉄道趣味は新型コロナウイルス感染症に左右される年になりそうだ。

(フリーライター 新田浩之)

#発売 #JR西日本 #新型コロナウイルス #感染


JR西「どこでもきっぷ」は何が革新的だったのか 発売見合わせで鉄道ファンが泣いた理由

関連記事

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス

アムトラック脱線現場