JR北海道とJR東日本はこのほど、北海道・東北新幹線を活用した荷物の定期輸送を開始した。鮮魚類と駅弁を函館から東京駅へ輸送する。

新幹線への荷物積み込みイメージ

鮮魚は、いずれも函館市内の鮮魚卸「マルショウ小西鮮魚店」と「マルヒラ川村水産」が荷主となり、イカ・ホタテ・ホッケ・エビ・ヒラメ・ウニなど、その日にとれた品物を発送する。

輸送に使う列車は、新函館北斗駅9時35分発「はやぶさ18号」と10時53分発「はやぶさ22号」(ともに東京行)で、各列車30箱を新幹線の業務用室内空きスペースに積み込む。市場休業日などを除く年間約250日の輸送を予定しており、東京駅で取り降ろした商品は同駅構内の店舗や首都圏の飲食店などに納品する。

新幹線で運ぶ鮮魚イメージ
新幹線で運ぶ駅弁イメージ

弁当の輸送は4月21日から開始。北海道キヨスクの「駅弁の函館みかど」弁当工場で製造した「蝦夷ちらし」と「鰊みがき弁当」を毎日約80食輸送し、東京駅構内「駅弁屋 祭グランスタ店」で販売する。今後は百貨店の催事などに合わせた鮮魚や農産物のスポット的な輸送も行うとしている。

#駅弁 #グルメ #新幹線 #JR東日本 #JR北海道 #電車


JR北海道とJR東日本、北海道・東北新幹線で鮮魚と駅弁の定期輸送

関連記事

地方の鉄道会社、存続には「行政の支援が不可欠」「経費これ以上削減は困難」

『第14回 タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット』審査結果発表

JR西日本・ソフトバンク「自動運転・隊列走行BRT」実証実験開始へ

「大阪メトロ」御堂筋線淀屋橋駅に可動式ホーム柵 – 10/2運用開始

JR西日本、山陽新幹線姫路~岡山間「帆坂保守基地」10/1運用開始へ

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ