新潟県妙高市にそびえる妙高山(標高2454メートル)に、上越地方の春の訪れを告げる雪形の「跳ね馬」が、くっきりと見られるようになった。

跳ね馬は毎年4月中旬ごろから、妙高山と外輪山の神奈(かんな)山(同1909メートル)の中腹辺りの斜面に、雪解けとともに山肌が浮かび上がる光景。馬が前脚を跳ね上げて駆ける姿に見える。えちごトキめき鉄道(上越市)が路線名を「妙高はねうまライン」と名付けるなど、地元の人たちに親しまれている。

同市の担当者は「今年は大雪だったものの、雪解けは例年に比べて早いのではないか」と話している。【石塚誠】

#雪解け #山の神 #トキ #名付け


上越に春 「跳ね馬」くっきり 例年より雪解け早く 新潟・妙高山

関連記事

東武トップツアーズ、東武鉄道100系スペーシア「リバイバルカラー車両」で行く鉄道お買い物ツアーを販売

西武鉄道40000系、3編成を増備 – 2021年度の鉄道事業設備投資計画

「西武・電車フェスタ」開催へ「レッドアロークラシック」ツアーも

西武鉄道、山口線で1960年代のカラー再現したラッピング電車を運行

西武鉄道、ライオンズの選手・監督を起用した電車マナーポスター

「京急油壺マリンパーク」閉館、三浦半島のエリアマネジメント強化