養老鉄道にこのほど、岐阜県大垣市を中心に放送・通信事業を展開する大垣ケーブルテレビの新ロゴマークをあしらった同社初の3両編成ラッピング電車が登場した。

大垣ケーブルテレビの新ロゴマークをあしらったラッピング電車

大垣ケーブルテレビは開局30周年に合わせ、今春からロゴマークを一新している。情報技術・あたたかさ・地域を表す水色・オレンジ・グレーの3色を用い、26個の断片を組み合わせると「大垣ケーブルテレビ」の頭文字「OCT」になるしかけに。「変化の中でも根幹にある理念はぶれない」とのメッセージを込めたという。

新しいロゴマークに込めた思いを地域に発信するため、地元住民の足として親しまれている養老鉄道を使った広告展開を行う。全国各地で電鉄・バス会社の交通広告事業を展開するキョウエイアドインターナショナルが企画から施工までをトータルサポートし、養老鉄道初の3両編成ラッピング電車が実現した。

#電車 #中小私鉄 #三セク


養老鉄道に3両編成ラッピング電車 – 大垣ケーブルテレビ新ロゴ入り

関連記事

事故防止と被害者支援続ける=信楽鉄道事故30年—元TASK共同代表

東武トップツアーズ、東武鉄道100系スペーシア「リバイバルカラー車両」で行く鉄道お買い物ツアーを販売

西武鉄道40000系、3編成を増備 – 2021年度の鉄道事業設備投資計画

「西武・電車フェスタ」開催へ「レッドアロークラシック」ツアーも

西武鉄道、山口線で1960年代のカラー再現したラッピング電車を運行

西武鉄道、ライオンズの選手・監督を起用した電車マナーポスター