南海電気鉄道と泉北高速鉄道は、特急車両への無料Wi-Fiサービス導入を順次進めると発表した。両社の特急車両、計12編成48両を対象としており、大阪観光局が提供する無料Wi-Fi「Osaka Free Wi-Fi」を全車両で使えるようにする。

南海高野線を走る特急「泉北ライナー」
南海線の特急「サザン」

南海電鉄の特急「サザン」「こうや」「りんかん」は4月下旬、泉北高速鉄道の特急「泉北ライナー」は5月頃に設置を完了する予定。なお、南海電鉄の特急「ラピート」は2015年12月から無料Wi-Fiサービスを提供している。

両社は無料Wi-Fiサービスの導入に関して、「新型コロナウイルスの感染拡大に伴う働き方や働く場所の多様化に対応し、移動時にもオンラインワークをしやすい環境を提供する」と説明。アフターコロナを見据えた訪日外国人の受入れ強化を図る目的もあるとしている。

#特急列車 #南海電鉄 #泉北高速鉄道 #電車


南海電鉄と泉北高速鉄道、両社の特急車両に無料Wi-Fiサービス導入

関連記事

事故防止と被害者支援続ける=信楽鉄道事故30年—元TASK共同代表

東武トップツアーズ、東武鉄道100系スペーシア「リバイバルカラー車両」で行く鉄道お買い物ツアーを販売

西武鉄道40000系、3編成を増備 – 2021年度の鉄道事業設備投資計画

「西武・電車フェスタ」開催へ「レッドアロークラシック」ツアーも

西武鉄道、山口線で1960年代のカラー再現したラッピング電車を運行

西武鉄道、ライオンズの選手・監督を起用した電車マナーポスター