南海電気鉄道と泉北高速鉄道は、特急車両への無料Wi-Fiサービス導入を順次進めると発表した。両社の特急車両、計12編成48両を対象としており、大阪観光局が提供する無料Wi-Fi「Osaka Free Wi-Fi」を全車両で使えるようにする。

南海高野線を走る特急「泉北ライナー」
南海線の特急「サザン」

南海電鉄の特急「サザン」「こうや」「りんかん」は4月下旬、泉北高速鉄道の特急「泉北ライナー」は5月頃に設置を完了する予定。なお、南海電鉄の特急「ラピート」は2015年12月から無料Wi-Fiサービスを提供している。

両社は無料Wi-Fiサービスの導入に関して、「新型コロナウイルスの感染拡大に伴う働き方や働く場所の多様化に対応し、移動時にもオンラインワークをしやすい環境を提供する」と説明。アフターコロナを見据えた訪日外国人の受入れ強化を図る目的もあるとしている。

#特急列車 #南海電鉄 #泉北高速鉄道 #電車


南海電鉄と泉北高速鉄道、両社の特急車両に無料Wi-Fiサービス導入

関連記事

地方の鉄道会社、存続には「行政の支援が不可欠」「経費これ以上削減は困難」

『第14回 タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット』審査結果発表

JR西日本・ソフトバンク「自動運転・隊列走行BRT」実証実験開始へ

「大阪メトロ」御堂筋線淀屋橋駅に可動式ホーム柵 – 10/2運用開始

JR西日本、山陽新幹線姫路~岡山間「帆坂保守基地」10/1運用開始へ

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ