西武鉄道は16日、新宿線での定期運行を4月29日に終了する「レッドアロークラシック」について、臨時特急列車として池袋線・西武秩父線・狭山線・新宿線で運行する企画を5月1日から順次実施すると発表した。

ラストランロゴを掲出した「レッドアロークラシック」

西武鉄道では、「レッドアロークラシック」の引退にともない、2021年3月から「レッドアロークラシック ラストランキャンペーン」を実施している。今回の企画は、定期運行終了を惜しむ多くのファンや利用者から、長年運行していた池袋線・西武秩父線での雄姿をまた見たいという多数の声を受け、実施が決定した。

5月1・2日には、西所沢駅から西武球場前駅まで臨時特急列車として運行(各日とも往路のみ3運行)し、西武球場前駅に到着した後、臨時特急列車の特急券を持つ人限定で、駅構内で「レッドアロークラシック」を撮影できる専用スペースを設置する(各回約2時間の入替制)。5月15・16日には池袋~西武秩父間を各日1往復運行し、5月29日には西武新宿~本川越間で1往復運行される。

「レッドアロークラシック」のラストランロゴ

臨時特急列車は全席指定で、乗車券の他に特急券(大人300~710円・小児150~360円)が必要。5月1・2・15・16日の特急券は4月20日10時から、5月29日の特急券は4月29日7時から、西武線特急券発売駅・チケットレスサービス「Smooz」、インターネット予約サービス、JTB各店舗(一部店舗を除く)にて予約・販売を開始する。

#電車 #西武鉄道 #特急列車 #鉄道車両の引退


西武鉄道「レッドアロークラシック」ラストラン後、臨時特急列車に

関連記事

事故防止と被害者支援続ける=信楽鉄道事故30年—元TASK共同代表

東武トップツアーズ、東武鉄道100系スペーシア「リバイバルカラー車両」で行く鉄道お買い物ツアーを販売

西武鉄道40000系、3編成を増備 – 2021年度の鉄道事業設備投資計画

「西武・電車フェスタ」開催へ「レッドアロークラシック」ツアーも

西武鉄道、山口線で1960年代のカラー再現したラッピング電車を運行

西武鉄道、ライオンズの選手・監督を起用した電車マナーポスター