〜小田急電鉄社員手作りの「鉄道ジオラマ」を通じて、沿線や車両を紹介します〜

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)は、2021年4月24日(土)、25日(日)に、「小田急×TABICA」の小田急社員初企画イベントとして、「小田急鉄道ジオラマ体験」をライブ配信で実施します。
「TABICA」とは、自分の好きなこと“偏愛”をテーマに体験コンテンツとして企画・開催するもので、ここに当社社員がコラボレーションした、これまでにないコンテンツを創出します。さまざまな偏愛を持つ社員にスポットを当て、当社をより身近に感じていただけるような多様なコンテンツ企画し、実施します。

「小田急×TABICA」小田急社員の偏愛体験の第1弾は、「小田急鉄道ジオラマ体験」です。当社現役乗務員や整備士などが一から熱意を込めて制作した手作り感のある鉄道ジオラマを使用し、日頃仕事で触れているからこそ細部に至るまでこだわった、新旧さまざまな車型の、特急ロマンスカーや通勤車両を走行させます。また、特急ロマンスカーについて、模型と実物の写真を見比べながら、車両紹介も実施します。さらに、鉄道模型に設置したカメラから、まるで運転台から撮影したかのような迫力の走行シーンを配信し、運転士気分を楽しく体験いただけます。イベント後半には、鉄道ジオラマ制作や小田急沿線の観光地にちなんだクイズを実施するほか、「小田急×TABICA」公式Twitterなどからお寄せいただいたご質問にジオラマ制作に携わった社員が分かりやすく回答します。双方向のコミュニケーションを通じて、特にお子さまにご自宅でお楽しみいただける約60分間のオンラインコンテンツです。

「小田急×TABICA」小田急社員の偏愛による体験第1弾「小田急鉄道ジオラマ体験」の概要は下記のとおりです。

1 企画名称
小田急鉄道ジオラマ体験

2 開催日時
(1)4月24日(土)
10:30〜、13:00〜、15:00〜、17:00〜
(2)4月25日(日)
10:30〜、13:00〜、15:00〜
※各回約60分の体験イベントです

3 参加費用
860円(1世帯の料金)
※別途、TABICAサービス手数料が発生します
※TABICAの申込にOPクレジットカードで決済すると、OPポイントがたまります
※ネット環境に伴う通信費は自己負担になります

4 募集数
各回20名 合計140名

5 参加方法
以下URLから、体験詳細をご確認いただき、ユーザー登録(無料)のうえ、お申し込みください。
https://tabica.jp/travels/33295

以上

#ジオラマ #オンライン #小田急電鉄 #車両


社員の偏愛を楽しめる!「小田急×TABICA」小田急社員の偏愛体験 第1弾 4月24日、25日 「小田急鉄道ジオラマ体験」をオンラインで開催

関連記事

アムトラック脱線現場

横転したアムトラックの列車

列車脱線、3人死亡

列車脱線、3人死亡=50人超負傷—米西部モンタナ州

JR北海道、2022年春にダイヤ見直し – 廃止方針の7駅が判明

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両20系、近鉄沿線からも期待? 理由は