〜地域企業の地元に対する想いを、地域鉄道の広告を使って生活者に届ける〜

株式会社大垣ケーブルテレビ(本社:岐阜県大垣市)の新ロゴマークをあしらった、養老鉄道ラッピング電車が3月30日に施工され、運行を開始。全国各地で電鉄・バス会社の交通広告事業を展開する株式会社キョウエイアドインターナショナル(本社:東京都千代田区、代表取締役:廣瀬勝巳、以下「キョウエイアド」)は、大垣ケーブルテレビと養老鉄道をつなぎ、企画から施工までトータルサポートを行いました。

地域企業の想いを、地域鉄道の広告を使って表現

岐阜県大垣市を中心に放送事業・通信事業を展開する株式会社大垣ケーブルテレビは、開局30周年を機に今春からロゴマークをリニューアルしました。
ロゴマークには3色使われており、水色は情報技術、オレンジ色はあたたかさ、グレーは地域を表しています。断片はすべてで26個、組み合わせると大垣ケーブルテレビのOCTとなり、「変化の中でも根幹にある理念はぶれない」というメッセージが込められています。
そうした想いを地域生活者に伝えるべく、地元住民の足として親しまれている養老鉄道を使った広告展開が企画され、養老鉄道初の3両編成ラッピング電車が実現することになりました。

地域社会に対し、キョウエイアドができること

キョウエイアドは「地元を深く、日本を広く」をスローガンに、日本全国300社以上の交通事業者と連携し、交通広告事業を通じて地域企業のコミュニケーション支援を行っております。
今回、大垣ケーブルテレビの地域に対する想いと、地元住民の日常生活に欠かせない養老鉄道をつなぎ、地域社会のシンボルになり得る広告を手掛けることができたと考えています。
これからも、交通広告が持つ地域との親和性を最大限活用し、魅力あふれる地域社会を支援していきます。

<お問い合わせ先>
本リリースに関するお問い合わせは、下記までお気軽にご連絡下さい。
担当者より個別にご対応させていただきます。
——————————————
株式会社キョウエイアドインターナショナル
お問い合わせフォーム
>>https://kyoeiad.co.jp/contact/
——————————————

■株式会社キョウエイアドインターナショナル 会社概要
住所 :東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル17階
設立 :1963年5月
代表者 :代表取締役 廣瀬 勝巳
資本金 :5,000万
事業内容 :広告全般、デジタルサイネージ、エリアマーケティング、WEB
URL :https://www.kyoeiad.co.jp/

#ケーブルテレビ #ロゴ #電車 #デザイン


【キョウエイアドインターナショナル】大垣ケーブルテレビ新ロゴデザインの養老鉄道ラッピング電車が運行開始

関連記事

『タモリ倶楽部』鉄道ファンも知らない? 「超ニッチな鉄オタ」紹介

乗り鉄の過酷すぎる猛暑の大冒険!?「全駅下車旅」の極意

1928年製「モ161形車」お披露目、CF活用して大規模修繕

コレクションケースにおさまるミニチュア世界 生活感あふれる住宅地ジオラマ

横浜市の新交通「上瀬谷ライン」成功の鍵は – 新市長は「再検討」

2階建て新幹線「E4系 Max」がついに引退、その歴史と果たした役割とは