横浜市交通局は、市営交通100周年を記念し、懐かしい写真で100年の歴史を振り返る「ギャラリートレイン」の運行を4月14日から開始した。

ギャラリートレインに昔の写真を掲出し、100年の歴史を振り返る
ギャラリートレインに設置するハート形の吊り輪
100周年ヘッドマークを掲出したブルーラインの車両

「ギャラリートレイン」は5月13日までの期間限定で運行され、懐かしい街並みを走る市営交通のポスターや、市営交通の今を伝えるドキュメント広告「100の一歩」などの掲出物で車内を埋め尽くす。あわせて「市営交通からの感謝の気持ち」として、1両に1つだけハートの吊り輪を設置する。

その他、市営地下鉄ブルーライン全36編成とグリーンライン全17編成で100周年記念ヘッドマークを掲出する。期間は12月までを予定している。

#地下鉄 #電車


横浜市営地下鉄「ギャラリートレイン」運行、100年の歴史を写真で

関連記事

地方の鉄道会社、存続には「行政の支援が不可欠」「経費これ以上削減は困難」

『第14回 タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット』審査結果発表

JR西日本・ソフトバンク「自動運転・隊列走行BRT」実証実験開始へ

「大阪メトロ」御堂筋線淀屋橋駅に可動式ホーム柵 – 10/2運用開始

JR西日本、山陽新幹線姫路~岡山間「帆坂保守基地」10/1運用開始へ

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ