横浜市交通局は、市営交通100周年を記念し、懐かしい写真で100年の歴史を振り返る「ギャラリートレイン」の運行を4月14日から開始した。

ギャラリートレインに昔の写真を掲出し、100年の歴史を振り返る
ギャラリートレインに設置するハート形の吊り輪
100周年ヘッドマークを掲出したブルーラインの車両

「ギャラリートレイン」は5月13日までの期間限定で運行され、懐かしい街並みを走る市営交通のポスターや、市営交通の今を伝えるドキュメント広告「100の一歩」などの掲出物で車内を埋め尽くす。あわせて「市営交通からの感謝の気持ち」として、1両に1つだけハートの吊り輪を設置する。

その他、市営地下鉄ブルーライン全36編成とグリーンライン全17編成で100周年記念ヘッドマークを掲出する。期間は12月までを予定している。

#地下鉄 #電車


横浜市営地下鉄「ギャラリートレイン」運行、100年の歴史を写真で

関連記事

事故防止と被害者支援続ける=信楽鉄道事故30年—元TASK共同代表

東武トップツアーズ、東武鉄道100系スペーシア「リバイバルカラー車両」で行く鉄道お買い物ツアーを販売

西武鉄道40000系、3編成を増備 – 2021年度の鉄道事業設備投資計画

「西武・電車フェスタ」開催へ「レッドアロークラシック」ツアーも

西武鉄道、山口線で1960年代のカラー再現したラッピング電車を運行

西武鉄道、ライオンズの選手・監督を起用した電車マナーポスター