JR北海道は14日、当別町とロイズコンフェクトによる請願駅として、札沼線あいの里公園~石狩太美間に設置する新駅に関して、当別町と工事協定を締結したことから工事に着工すると発表した。あわせて新駅の名称が「ロイズタウン」に決定し、石狩太美駅、石狩当別駅の駅名称をそれぞれ「太美」「当別」に変更することも発表した。

ロイズタウン駅イメージ(提供 : JR北海道)

新たに設置されるロイズタウン駅は1面1線の無人駅となる予定。乗降場の他に待合・スロープといった設備が設けられる。駅ナンバリングは「G11-1」。開業予定は2022年春とされている。

石狩太美駅と石狩当別駅は、当別町からの要望を受け、ロイズタウン駅の開業に合わせて駅名称の変更を実施。石狩太美駅は太美駅、石狩当別駅は当別駅に駅名称が変更される。駅ナンバリングの変更はなく、太美駅は「G12」、当別駅は「G13」となる。

ロイズタウン駅の駅名標イメージ(提供 : JR北海道)

駅名称変更後の太美駅、当別駅の駅名標イメージ(提供 : JR北海道)

なお、石狩太美駅では、駅舎にスロープなど整備するほか、1番線ホーム側にも待合・スロープを設置し、ホームまでの経路の段差を解消する。ロイズタウン駅の開業前に完成予定としている。

#JR北海道 #駅


JR北海道、札沼線新駅はロイズタウン駅 – 石狩当別駅など名称変更

関連記事

東武トップツアーズ、東武鉄道100系スペーシア「リバイバルカラー車両」で行く鉄道お買い物ツアーを販売

西武鉄道40000系、3編成を増備 – 2021年度の鉄道事業設備投資計画

「西武・電車フェスタ」開催へ「レッドアロークラシック」ツアーも

西武鉄道、山口線で1960年代のカラー再現したラッピング電車を運行

西武鉄道、ライオンズの選手・監督を起用した電車マナーポスター

「京急油壺マリンパーク」閉館、三浦半島のエリアマネジメント強化