株式会社東横イン(本社:東京都大田区、代表執行役社長:黒田 麻衣子)は、創立35周年記念企画として、「乗って!撮って!泊まって!TOYOKO鉄道1045(テンフォーファイブ) フォトコンテスト」を、2021年4月19日(月)〜5月31日(月)に開催します。

駅前ホテルの東横INNは交通の要所にホテルを建て、お仕事や旅行など、皆さまの往来をサポートしたいという思いを、創業以来ずっと持ち続けてきました。
そこで35周年にあたり、「鉄道」「駅」「東横INN」をテーマにした、とっておきの写真を皆さまから募集することといたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/255144/LL_img_255144_1.jpg
創立35周年記念企画

■「TOYOKO鉄道1045 フォトコンテスト」概要
〔テーマ〕
「東横INNから撮影した鉄道(駅)」または「鉄道(駅)と東横INN」

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/255144/LL_img_255144_2.jpg
東横INN客室から

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/255144/LL_img_255144_3.jpg
東横INNと播州赤穂駅

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/255144/LL_img_255144_4.jpg
「ポツンと東横INN」

〔募集期間〕
2021年4月19日(月)〜5月31日(月)まで(当日23:59投稿分まで対象)

〔応募方法〕
WebサイトまたはTwitterから

〔応募資格〕
プロ、アマ、年齢不問。所定の注意事項にご理解とご同意を頂けた方に限ります。

〔各賞〕
・最優秀賞(1点) JTBナイスギフト¥35,000分、東横INNシングル無料券、東横INN模型
・優秀賞(5点) JTBナイスギフト¥3,000分、東横INNシングル無料券、東横INN模型
・東横INN賞(5点) 東横INNシングル無料券、東横INN模型
・入選(10点) 東横INN模型

〔審査員〕
・鉄道写真家 櫻井寛氏
・経済ジャーナリスト 渋谷和宏氏
・全国の東横INNスタッフ

〔入選発表〕
2021年7月上旬予定
東横INN公式HP、Facebook、Twitter等にて

応募上の注意事項ほか、詳細はこちら https://www.toyoko-inn.com/35th/train_photo/

【会社概要】
会社名 :株式会社東横イン
所在地 :〒144-0054 東京都大田区新蒲田1-7-4
代表者 :代表執行役社長 黒田 麻衣子
設立 :1986(昭和61)年1月23日
資本金 :5千万円(総資産1,752億円、純資産809億円)(2020年3月期)
売上高 :947億5,900万円(2020年3月期)
事業内容 :エコノミーホテル運営
店舗数 :325店舗(2021年3月31日現在)
客室数 :71,109室(2021年3月31日現在)
店舗展開 :国内46都道府県(高知県を除く)と
海外(韓国・フィリピン・モンゴル・ドイツ・フランス)
グループ会社:株式会社東横インホテル企画開発、
株式会社東横インアーキテクト、株式会社東横イン建設、
株式会社東横イン電建、株式会社東横イン工務店、
株式会社東横インIT集客ソリューション

【東横INNとは】
東横INNは「駅前旅館の鉄筋版」を基本コンセプトに、1986年に蒲田店をオープン以来、「清潔・安心・値ごろ感」のある客室をリーズナブルな料金で提供する宿泊特化型のホテルで、2021年1月23日、創業35周年を迎えました。
2021年3月31日現在、325店舗(国内308、海外17)・総客室71,109室となり、日本国内最大級の客室数を有します。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/255144/LL_img_255144_5.png
東横INNは創立35周年

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

#ホテル #株式会社 #東横イン #東京


創立35周年記念企画!鉄道・駅・東横INNがテーマの『TOYOKO鉄道1045 フォトコンテスト』4/19〜開催

関連記事

東武トップツアーズ、東武鉄道100系スペーシア「リバイバルカラー車両」で行く鉄道お買い物ツアーを販売

西武鉄道40000系、3編成を増備 – 2021年度の鉄道事業設備投資計画

「西武・電車フェスタ」開催へ「レッドアロークラシック」ツアーも

西武鉄道、山口線で1960年代のカラー再現したラッピング電車を運行

西武鉄道、ライオンズの選手・監督を起用した電車マナーポスター

「京急油壺マリンパーク」閉館、三浦半島のエリアマネジメント強化