鹿島臨海鉄道は12日、普段は一般の人が立ち入ることのできない貨物専用の神栖駅において、4月30日に鹿島臨海鉄道で活躍する車両の撮影会を開催すると発表した。鹿島臨海鉄道主催による神栖駅に一般の人を集めて行う催しは2005年以来とのこと。

鹿島臨海鉄道大洗鹿島線の普通列車

鹿島臨海鉄道神栖駅車両撮影会は、鹿島臨海鉄道で活躍する車両の展示をはじめ、鉄道車両部品などの販売も行う。参加者として、茨城県に住む30名を鹿島臨海鉄道ホームページの「お問い合わせ」フォームにて4月20日まで募集する。

参加費は2,000円。イベント当日は鹿島臨海鉄道神栖駅の駅舎前に13時30分集合(時間厳守)、15時頃に解散予定となっている。

#駅 #鉄道イベント #中小私鉄 #三セク


鹿島臨海鉄道、神栖駅で茨城県民向け車両撮影会 – 車両部品販売も

関連記事

「阪急レールウェイフェスティバル2021 ONLINE」を開催! 〜当社初のオンライン鉄道イベントをご自宅等でお楽しみください〜

JR東日本、宇都宮線・日光線に新型車両E131系 – 2022年春頃投入へ

鉄道博物館、東北新幹線39周年でイベント – 200系の連結部公開など

りんかい線、天王洲アイル駅1・2番線にホームドア – 6/20運用開始

JR東日本、相模線に新型車両E131系 – 4両編成、2021年秋頃から投入

SL運行日には多くの鉄道ファンが集う篠目駅(山口線)と楚原駅(三岐鉄道)へ!「鉄道ポスターの旅」(旅チャンネル)