公益財団法人 日本交通文化協会(東京都千代田区、理事長:滝久雄)は、第55期瀧冨士基金奨学生を2021年6月30日(水)まで募集いたします。

対象は、JR鉄道、民営鉄道、その他陸運交通事業(左記の範囲内にある観光事業を含む)やそれに関連する事業に従事する方の子どもで大学、短大に在学する学生、ないしは陸運交通事業志望者を養成する大学に在学する方です。厳正な審査を経て20人から50人の奨学生を選定いたします。特に成績の優秀な学生には、奨学金の増額や返済免除を行います。

【瀧冨士基金について】
瀧冨士基金は、日本の将来を担うリーダーの育成を目的に、学業に意欲を持つ学生の皆さまをご支援する育英制度で、1968年に創設しました。当初は「英才教育基金」の名称でしたが、1976年に協会創設者の瀧冨士太郎の名にちなんで現在の名前となりました。奨学生は2020年までに延べ1,923人を超え、奨学金総額は21.8億円になります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/254683/LL_img_254683_1.jpg
第55期瀧冨士基金奨学生募集

【第55期瀧冨士基金奨学生 募集要項】
○募集人員
20〜50名

○募集資格
(1)JR鉄道、民営鉄道その他陸運交通事業(左記の範囲内にある観光事業含む)およびその関連事業に従事する者ならびにその子弟で、大学、短大に在学している者(大学院、通信教育の各学生は除く)
(2)陸運交通事業志望者を養成する大学に在学する者

○奨学生および奨学金
(1)貸費生 修学中に次の奨学金を貸与
(イ)大学生 国公立 月額 42,000円
私立 月額 51,000円
(ロ)短大生 月額 30,000円

(2)特待生および給費生
貸費生のうち大学成績が特に優秀な者に対して、
奨学金の増額(特待生)または給与(給費生)を行うことがある
(イ)特待生 修学中に次の奨学金を貸与
国公立 月額 60,000円
私立 月額 65,000円
(ロ)給費生 貸費生、特待生の奨学金のうち一定額を給費

○第1回の奨学金
2021年10月分より貸与

○貸費生・特待生の奨学金の返還
奨学金は卒業の日の6ヵ月後または就職日より3ヵ月後から貸与を受けた月数の3倍の期間内にその全額を月賦、半年賦または年賦で返還しなければならない。利息は徴収しない

○応募書類
(1)奨学生願書 (2)推薦調書 (3)在学証明書 (4)高等学校3年間の学業成績証明書(大学1〜4年生全員)*在学学校の学業成績証明書(大学1年生を除く全員) (5)健康診断書(在学学校で受診した方は、その複写でも可) (6)身上書 (7)推薦人(保証人)の源泉徴収票

(1)奨学生願書 (2)推薦調書 (6)身上書は、以下URLにアクセスし、必要書類をダウンロードして使用
https://jptca.org/scholarship/takifujifund/

※奨学生は毎学年末に学業成績証明書の提出が必須
※応募書類は採否にかかわらず返却不可
※個人情報は本事業の運営にのみ利用させていただきます

○応募方法
必要書類を下記の住所まで郵送 *メールでの応募は不可
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1丁目1番3号 東京宝塚ビル8階
公益財団法人 日本交通文化協会
瀧冨士基金事業部 宛て

○応募締切
2021年6月30日(水)当日消印有効

○選考方法
本会の奨学生選考委員会において厳正なる審査の上決定

○決定通知
2021年8月〜9月(予定)

<一般からのお問い合わせ先>
MAIL: nakayosi@jptca.org

*お問い合わせが多数の際、ご返答までお時間がかかる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

#基金 #財団 #東京 #千代田区


第55期瀧冨士基金奨学生 2021年6月30日(水)まで募集

関連記事

上越に春 「跳ね馬」くっきり 例年より雪解け早く 新潟・妙高山

JR北海道、東風連駅を移設・改称 – 駅と鉄道の再生へ前向きな解決

近鉄奈良線、平城宮を迂回&大和西大寺駅高架化へ – 現在の状況は

養老鉄道に3両編成ラッピング電車 – 大垣ケーブルテレビ新ロゴ入り

「阪急マルーン」カラーインク&阪急電車オリジナル万年筆4/26発売

南海電鉄と泉北高速鉄道、両社の特急車両に無料Wi-Fiサービス導入