北京市では今年、地下鉄15路線(区間)、合わせて291.3キロの建設が計画されている。うち、7路線(区間)の合わせて54.5キロが年末までに開通し、北京市の鉄道交通の営業距離数は781.5キロに達する計画だ。これら路線には、北京市の南北を貫通する「大動脈」もあれば、既存の鉄道網の中で、途切れていた残りの区間もあるほか、 #冬季五輪 にサービスを提供する交通路線もある。北京青年報が伝えた。
今年は、北京市で開通する鉄道交通路線が最も多い一年となりそうだ。年末までに開通する計画の7路線(区間)は、11号線西区間、17号線南区間、19号線一期、空港線延線(西)、8号線三期の残り区間、14号線残り区間、S1線残り区間の合わせて54.5キロとなっている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

#北京 #地下鉄 #中国 #年末


北京で地下鉄15路線が建設中—中国

関連記事

横浜市営地下鉄「ギャラリートレイン」運行、100年の歴史を写真で

「回数券」は死語になる!? 鉄道回数券の相次ぐ廃止でも激安で乗る「裏技」はまだある!

新幹線「ALFA-X」&「はやぶさ10周年記念」Tシャツの予約販売開始

【youtube】天橋立駅でぶらぶらしつつ撮り鉄してみた

「西武園ゆうえんち」5/19オープン、ゴジラのアトラクションも登場

【ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路】お子様の“鉄分”補給にぴったりな鉄道ルームが誕生!