北京市では今年、地下鉄15路線(区間)、合わせて291.3キロの建設が計画されている。うち、7路線(区間)の合わせて54.5キロが年末までに開通し、北京市の鉄道交通の営業距離数は781.5キロに達する計画だ。これら路線には、北京市の南北を貫通する「大動脈」もあれば、既存の鉄道網の中で、途切れていた残りの区間もあるほか、 #冬季五輪 にサービスを提供する交通路線もある。北京青年報が伝えた。
今年は、北京市で開通する鉄道交通路線が最も多い一年となりそうだ。年末までに開通する計画の7路線(区間)は、11号線西区間、17号線南区間、19号線一期、空港線延線(西)、8号線三期の残り区間、14号線残り区間、S1線残り区間の合わせて54.5キロとなっている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

#北京 #地下鉄 #中国 #年末


北京で地下鉄15路線が建設中—中国

関連記事

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示