JR北海道は8日、名寄高校へ通学する生徒の利便性向上のため、名寄市の負担により宗谷本線東風連駅を同校付近に移転し、あわせて駅名を「名寄高校駅」に変更すると発表した。2022年春に実施予定とされ、詳細が決定し次第、改めて案内する。

宗谷本線の名寄発旭川行の列車(2018年撮影)

東風連駅の移設と駅名変更は名寄市からの要望を受けたもので、JR北海道が検討・協議を進め、今回の決定に至ったとのこと。

これにより、東風連駅は現在地よりも約1.6km北(名寄駅方面)へ移転され、駅から名寄高校までの距離は約200mとなる。移設・改称後の名寄高校駅は1面1線の無人駅となり、乗降場やスロープといった設備が設けられる。

#駅 #JR北海道


JR北海道、宗谷本線東風連駅を約1.6km移設「名寄高校駅」に改称へ

関連記事

関東鉄道キハ2400形、ツートンカラーの復刻塗装に – 常総線で運用

「ロマンスカーミュージアムオリジナルうまい棒缶」数量限定で発売

JR西「どこでもきっぷ」は何が革新的だったのか 発売見合わせで鉄道ファンが泣いた理由

JR北海道とJR東日本、北海道・東北新幹線で鮮魚と駅弁の定期輸送

鉄道博物館の「東高西低」くっきり 関東は小田急も新設、関西大手はゼロ…その差はどこに?

『名探偵コナン』と鉄道の浅からぬ関係 国交省は速達性向上を真剣に検討