第3弾ラッピングデザイン

若桜鉄道の「隼」ラッピング車両のデザインが一新される。お披露目予定は2021年4月29日。

スズキ製バイク「隼」ラッピング車両とは

若桜鉄道の隼駅はSUZUKIのバイク「隼」と同名であることから、同駅はライダーの聖地とされている。毎年8月に開催される「隼駅まつり」には、北海道から沖縄まで全国から2,500台あまりもの大型バイクが集まるという。

そうした事情やライダー達の想いにメーカー、鉄道、地元が応えたのが「隼」ラッピング車両だ。若桜鉄道及び若桜町・八頭町とスズキが協力し、2016年3月より運行を開始した。

現在のラッピングデザインは2019年3月に一新されたもので、デザイン一新にともない4月9日の運行をもって見納めとなる。

4月9日(金)の隼ラッピング列車運行スケジュール

鉄道チャンネル編集部
(画像:若桜鉄道運行対策室)

#桜 #車両 #デザイン #バイク


若桜鉄道「隼」ラッピング車両、第3弾のデザイン決定 お披露目は4月末

関連記事

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場