JR西日本と西日本電気システムは7日、国内鉄道業界で初めてロボットアームを搭載した鉄道電気工事用車両「ブラケットハンドリング車」を開発したと発表した。人力に頼って実施している可動ブラケット(電柱付属部品)の取替作業をロボットアームにより機械化・自動化することで、生産性向上と安全性向上を図るという。

「ブラケットハンドリング車」
ロボットアームが3Dカメラで作業空間を自動認識する
ロボットアームが自動で旧可動ブラケットを回収する
ロボットアームが自動で新可動ブラケット設置位置近傍まで運搬する
作業員の操作で位置を調整して新可動ブラケットを設置位置に取り付ける

「ブラケットハンドリング車」では、ロボットアームにより可動ブラケットを直接掴んで自動運搬することが可能となるため、人による重量物の運搬作業が不要となる。また、3Dカメラで作業空間を認識し、障害物を回避できるため、人による煩雑な操作も不要。架線支持アームによって容易に電線の仮支持も可能となり、人による高所での準備作業も必要なくなる。

「ブラケットハンドリング車」の導入により、人力作業の一部機械化や自動化による生産性向上(作業員約4割減)と、重量物運搬や高所作業の削減による安全性向上が見込まれている。今後の計画としては、2021年度中に1台導入し、京阪神・岡山・広島エリア(在来線)で運用する予定となっている。

#JR西日本 #鉄道技術


JR西日本と西日本電気システム「ブラケットハンドリング車」を開発

関連記事

軽ワゴンの女性「車が来ないか気を取られ、警報音に気付かず」…踏切で列車と衝突

栗橋駅デッドセクションのまわりを歩く鉄さんぽ1時間

近鉄12200系の名阪特急を運転、中川短絡線も通過 – ラストラン迫る

愛される「ガチャコン電車」 滋賀の老舗私鉄・近江鉄道 「人と環境にやさしい交通をめざす全国大会in滋賀」から【コラム】

SKE48・須田亜香里、『バス vs 鉄道』で大号泣 相手チームにあおられ…

『バス vs 鉄道旅』勝敗わけた運命の1路線に太川陽介絶叫 バス旅の経験が仇に…