JR東日本とJR西日本は7日までに、2020年度の鉄道営業収入が前年度と比べて半減したと発表した。新型コロナウイルス感染拡大で鉄道利用が低迷し、下落幅は両社とも1987年の旧国鉄分割民営化以降で最悪。大型連休やお盆、年末年始など、書き入れ時の落ち込みも響いた。
JR東が46.9%、JR西が51.8%、それぞれ減少した。在宅勤務が増えたことで通勤定期が要らなくなったことや、出張や旅行の減少が大きかった。

#JR #収入 #民営化 #減少


JR東・西、20年度鉄道収入半減=コロナで民営化後最悪

関連記事

軽ワゴンの女性「車が来ないか気を取られ、警報音に気付かず」…踏切で列車と衝突

栗橋駅デッドセクションのまわりを歩く鉄さんぽ1時間

近鉄12200系の名阪特急を運転、中川短絡線も通過 – ラストラン迫る

愛される「ガチャコン電車」 滋賀の老舗私鉄・近江鉄道 「人と環境にやさしい交通をめざす全国大会in滋賀」から【コラム】

SKE48・須田亜香里、『バス vs 鉄道』で大号泣 相手チームにあおられ…

『バス vs 鉄道旅』勝敗わけた運命の1路線に太川陽介絶叫 バス旅の経験が仇に…