JR東日本とJR西日本は7日までに、2020年度の鉄道営業収入が前年度と比べて半減したと発表した。新型コロナウイルス感染拡大で鉄道利用が低迷し、下落幅は両社とも1987年の旧国鉄分割民営化以降で最悪。大型連休やお盆、年末年始など、書き入れ時の落ち込みも響いた。
JR東が46.9%、JR西が51.8%、それぞれ減少した。在宅勤務が増えたことで通勤定期が要らなくなったことや、出張や旅行の減少が大きかった。

#JR #収入 #民営化 #減少


JR東・西、20年度鉄道収入半減=コロナで民営化後最悪

関連記事

上越に春 「跳ね馬」くっきり 例年より雪解け早く 新潟・妙高山

JR北海道、東風連駅を移設・改称 – 駅と鉄道の再生へ前向きな解決

近鉄奈良線、平城宮を迂回&大和西大寺駅高架化へ – 現在の状況は

養老鉄道に3両編成ラッピング電車 – 大垣ケーブルテレビ新ロゴ入り

「阪急マルーン」カラーインク&阪急電車オリジナル万年筆4/26発売

南海電鉄と泉北高速鉄道、両社の特急車両に無料Wi-Fiサービス導入