JR高輪ゲートウェイ駅(東京都港区)周辺の開発地域で出土した明治時代の鉄道遺構「高輪築堤」について、JR東日本の深沢祐二社長は6日の定例記者会見で、一部を現地保存する考えを明らかにした。日本考古学協会などが全面保存を要望していた。

高輪築堤は明治5年(1872年)に東京・新橋—横浜間で開業した日本初の鉄道の線路の土台部分。出土した計約730メートルのうち、一部を現地保存するという。追加費用は300億〜400億円となる見通し。

#明治 #JR #東京 #高輪ゲートウェイ


明治の鉄道遺構「高輪築堤」、一部保存へ…学会は「全面」要望

関連記事

JR西日本「DLやまぐち号」津和野駅の転車台にて回転展示 – 5/1から

JR東海・JR西日本、車いすスペース6席設けたN700Sの購入方法を発表

人気集める転車台の実演

熊本の鉄道の魅力を写真で 被災前後の30点、大阪で展示へ

いすみ鉄道が乗車2000万人達成、記念式典実施

JR西日本が「極上の赤身肉」を販売、その狙いとは