JR東日本は6日、ホームドアの整備に関して、「2021年度は、線区単位で21駅42番線に整備を進めていきます」と発表した。「スマートホームドア」を引き続き積極的に導入することにより、ホームドア整備の早期展開をめざすとしている。

ホームドア整備状況(JR東日本提供)

JR東日本では、2020年度末までに山手線や京浜東北・根岸線を中心に、線区単位で72駅142番線においてホームドアの整備を完了。2032年度末頃までに、東京圏在来線の主要路線全駅(243駅。線区単位では330駅)へのホームドア導入を目標として整備を進めている。

2021年度にホームドアの整備を予定している駅は、京浜東北線の田端駅、根岸線の山手駅、横浜線の長津田駅、橋本駅、新横浜駅、大口駅、菊名駅、中央・総武線各駅停車の錦糸町駅、浅草橋駅、西船橋駅、大久保駅、下総中山駅、水道橋駅、常磐緩行線の馬橋駅、北松戸駅、南柏駅、柏駅、北柏駅、北小金駅、新松戸駅、南武線の武蔵小杉駅。錦糸町駅は4月3日から使用開始し、長津田駅は4月、浅草橋駅は5月に使用開始する予定。他の駅は準備でき次第、順次、使用開始していく。

「スマートホームドア」(JR東日本提供)
従来型のホームドア(JR東日本提供)

なお、長津田駅、橋本駅、大口駅、菊名駅、大久保駅、下総中山駅、馬橋駅、北松戸駅、南柏駅、北柏駅、北小金駅では、「スマートホームドア」を設置予定となっている。

#ホームドア #JR東日本 #駅


JR東日本のホームドア整備「スマートホームドア」も積極的に導入

関連記事

【youtube】フェリー利用でお得旅!青い森鉄道「海峡ゆったどきっぷ」と「青森・苫小牧てつなかきっぷ」!

犠牲者42人を追悼=信楽鉄道事故30年—滋賀

「フェリーきょうと」進水 旅客定員675人、大部屋を廃止

鉄道ファンのためのスマホケース「trainfan.net」より、今秋に引退予定「E4系Max」のおしゃれな手帳型スマホケースの販売開始(JR東日本商品化許諾済)

「のと里山里海号」のPV完成、七尾湾沿いの美しい春景色を見て

犠牲者42人を追悼