JR東日本は6日、2020年度の鉄道営業収入(推計値)が、新型コロナウイルス感染拡大前の18年度と比較して49・4%減と半減し、過去最大の落ち込みになったと発表した。

内訳では、買い物や観光などの定期外収入が18年度比で57・2%減だった。特に新幹線や在来線特急などの中長距離は71・4%減と大幅に落ち込んだ。通勤や通学などの定期収入は27・7%減で、比較的落ち込みは小さかった。

#収入 #JR東日本 #営業 #新型コロナウイルス


JR東日本の鉄道営業収入、過去最大の落ち込み…コロナ前から半減

関連記事

シベリア抑留者が建設従事の鉄道、複線化工事で受刑者動員…プーチン氏が号令

秩父鉄道、夏休み特別企画でSL入区作業見学ツアー&ダイヤ作成教室

【youtube】フリーきっぷがついてくるホテル!JRイン函館【道南いさりび鉄道開業5 周年記念「いさりび1 日きっぷ」付きプラン】

南海電鉄「すみっコぐらし」コラボ「めでたいでんしゃ」ラッピング

JR東海の職員が講師に – 名古屋でこども向け鉄道イベント、8月開催

中国鉄道事故10年、痕跡消え「報道は一切できない」