姫路駅名物「えきそば」や駅弁の販売で知られるまねき食品(兵庫県姫路市)が4月1日、冷凍駅弁や冷凍えきそばを販売するオンラインショップを開設した。

「まねきの冷凍えきそば」イメージ
冷凍駅弁各種イメージ
「瀬戸内真鯛のお茶漬け」イメージ

「まねきの冷凍えきそば」は3月23日に発売されたばかり。1949(昭和24)年に誕生した伝統の味「えきそば」を家庭でいつでも食べられるように開発された商品で、「お店で提供している味を忠実に再現した」と同社。1食390円、6食セット2,340円で販売する。温めるとできたての味を楽しめる冷凍駅弁(但馬牛めし、穴子めし、おかめ弁当)とのセット販売も行う。

その他、「瀬戸内真鯛のお茶漬け」「但馬牛と淡路玉葱の牛丼」「リモート飲み会用オードブルと名酒のセット」などが販売される。

#駅弁 #グルメ #駅 #子鉄


姫路駅名物「えきそば」家庭でも! まねき食品がオンライン販売開始

関連記事

地方の鉄道会社、存続には「行政の支援が不可欠」「経費これ以上削減は困難」

『第14回 タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット』審査結果発表

JR西日本・ソフトバンク「自動運転・隊列走行BRT」実証実験開始へ

「大阪メトロ」御堂筋線淀屋橋駅に可動式ホーム柵 – 10/2運用開始

JR西日本、山陽新幹線姫路~岡山間「帆坂保守基地」10/1運用開始へ

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ