しなの鉄道が今年3月に実施したダイヤ改正で新型車両SR1系を導入したことを受け、同社の115系S16編成・S26編成が7月末で引退する。3月16日に両編成の引退を発表した後、感謝やねぎらいのメッセージが多く寄せられたという。同社は3月29日、S16編成・S26編成の来歴を詳しく記載した資料を公式サイトで改めて公表した。

横須賀色に塗られ、一部で「山スカ」と呼ばれたS16編成とS26編成

S16編成は1980(昭和55)年に日立製作所、S26編成は1981(昭和56)年に川崎重工で新製された。S16編成は長野鉄道管理局松本運転所、S26編成は北松本支所に配置され、S16編成は2015年、S26編成は2013年、それぞれしなの鉄道に転入している。

S16編成は2017年、S26編成は2018年、クリーム色と青色の「横須賀色」に塗色変更。「往時の懐かしい雰囲気を再び味わうことができた」と好評を博した。

元祖「山スカ形」と言われた旧国鉄70系電車
S26編成(クモハ115-1076)の車内

中でもS26編成は、座席シートの色や独特の回転音を発する発電機などに製造当初の面影を強く残していることから、国鉄時代の雰囲気が味わえる車両として、ファンに愛されてきたという。

#鉄道車両の引退 #中小私鉄 #三セク #電車 #国鉄


しなの鉄道115系「横須賀色」S16編成・S26編成が引退、来歴を紹介

関連記事

これぞオリパラのレガシー 鉄道業界のバリアフリー化総集編 新幹線のフリースペースや駅ホームの安全対策をご紹介【コラム】

いすみ鉄道で写真撮影のロケハン・マナー講座開催へ

検査不正の工場、認証取り消し=製造・販売は継続—三菱電機

【youtube】「鉄道の日(10月14日)」に合わせたお得なきっぷ!全国JR線乗り放題!JRグループ「秋の乗り放題パス」

JR北海道、北海道新幹線延伸に伴う倶知安駅新ホーム10/31使用開始

JR東海、東海道新幹線「S Work 車両」試行 – N700S専用サービスも