阪急電鉄は30日、千里線が2021年に開業100周年を迎えることを記念し、4月1日から京都本線・千里線などで運行する一部列車に記念ヘッドマークを掲出するほか、記念写真パネルの掲出、記念グッズの販売を行うと発表した。

千里線の開業100周年記念ヘッドマークのイメージ

記念ヘッドマークは、現在運用されている1312号車・3323号車をモチーフにした大阪方ヘッドマーク2種と、開業当時運用されていた1形をモチーフにした京都方ヘッドマーク1種を製作。4月1日から6月30日まで掲出する。

記念写真パネルは、千里線の開業とともに設置された南方~千里山駅間の8駅(南方駅、崇禅寺駅、淡路駅、下新庄駅、吹田駅、豊津駅、関大前駅、千里山駅)に、沿線住民と歩んできた100年の歴史を振り返るパネルを掲出する。

記念グッズは、ヘッドマークデザイン缶バッジ(3種類、各300円)、ヘッドマークデザインキーホルダー(500円)、アクリル2連キーホルダー(3種類、各800円)、ミニ方向幕(通販サイト限定7,000円)を用意。いずれも数には限りがある。ウェブ通販サイト「HANKYU DENSHA SHOP」「鉄道甲子園オンラインショップ」、淡路駅と北千里駅の「ごあんないカウンター」にて発売する。通販サイトでの販売は4月1日10時から。「ごあんないカウンター」での販売は4月24日から6月30日までを予定している。

記念写真パネルのイメージ
記念グッズ

その他、記念入場券の販売やスタンプラリー、千里線沿線を巡る記念ウォーキングも予定しており、詳細が決定し次第、ホームページなどで案内する。

#電車 #阪急電鉄


阪急千里線、開業100周年 – ヘッドマーク掲出、記念グッズの販売も

関連記事

これぞオリパラのレガシー 鉄道業界のバリアフリー化総集編 新幹線のフリースペースや駅ホームの安全対策をご紹介【コラム】

いすみ鉄道で写真撮影のロケハン・マナー講座開催へ

検査不正の工場、認証取り消し=製造・販売は継続—三菱電機

【youtube】「鉄道の日(10月14日)」に合わせたお得なきっぷ!全国JR線乗り放題!JRグループ「秋の乗り放題パス」

JR北海道、北海道新幹線延伸に伴う倶知安駅新ホーム10/31使用開始

JR東海、東海道新幹線「S Work 車両」試行 – N700S専用サービスも