山陽電気鉄道は30日、ツートンカラーに復刻し、運行してきた3030号(4両編成)が5月21日に営業運転を終了することを受け、「3030号さよなら記念イベント」を実施すると発表した。第1弾として、5月29日に「3030号さよなら記念貸切列車」を運行する。

引退を迎える3030号

「3030号さよなら記念貸切列車」では、3030号車内を昭和40年代後半から現在に至るまで実際に掲出した車内吊りポスターなどで装飾し、レトロ車両としての引退に花を添える貸切列車に。東須磨駅を11時30分に出発し、14時頃の終了を予定している。3,500円で参加でき、同伴のこども(小学生以下)は参加料無料。山陽電車ホームページの申込みフォームにて、4月1日から4月9日16時59分まで応募を受け付ける。

山陽電鉄グループの「山陽たい焼」「山陽そば」の各店にて、4月1日から5月29日まで復刻ツートンカラー車両をテーマにした3030号のノベルティ付きの記念メニューを提供。「山陽たい焼」で「濃厚ツートンジュース」(250円)、「山陽そば」で「ツートンそば・うどん」(600円)と「ツートン丼セット」(700円)を販売する。

「濃厚ツートンジュース」
「ツートンそば・うどん」
「ツートン丼セット」
「3030号カード」
「3030号クリアチケットファイル」

ノベルティは、4月1~30日が「3030号カード」、5月1~29日が「3030号クリアチケットファイル」となっており、いずれもなくなり次第、終了となる。

#山陽電気鉄道 #鉄道車両の引退 #電車 #駅弁 #グルメ


山陽電気鉄道「3030号さよなら記念イベント」記念貸切列車5/29運転

関連記事

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス