中国の主要な交通手段の1つと言えば鉄道を挙げることができる。高速鉄道の総延長距離は世界一であり、夜行列車もまだ多く運行している。しかし、日本の鉄道と比べると、中国人はそこに「格差」を感じるようだ。中国メディアの百家号はこのほど、日本と中国の鉄道の違いについて紹介する記事を掲載した。

記事はまず、中国高速鉄道と新幹線を比べると、営業速度では中国高速鉄道が勝ると指摘。しかし、新幹線の車内環境は決して悪くはなく、運賃も日本の物価を考えると決して高くはないと伝えた。

また、寝台列車については日本の方が広いと指摘。中国では「硬臥」と呼ばれる寝台車両では3段ベッドだが、日本では通常2段ベッドだと伝えた。さらに、日本の寝台列車にはカーテンが付いていて、ある程度プライバシーを保てると中国との違いを強調している。また日本には高級寝台列車もあって、中国の鉄道では絶対に味わえない豪華で快適な旅を堪能できる。

さらに、日本と中国では乗客の民度も異なると紹介。公共の場所で人に迷惑をかけないように教育されている日本人は、寝台列車でもいびきをかいたり歯ぎしりしたりすることがないとした。これは人によると思われるが、中国では他人の迷惑を顧みず夜中もトランプゲームなどで騒ぐ人も少なくないという。記事は「こうした点から日本が先進国で、中国が発展途上国である現実が見て取れる」とも伝えている。

ほかにも記事は、「駅弁の値段」も違うと指摘。日本では車内販売の弁当でも値段は合理的だが、中国では車内で買うと外の店と比べて2ー3倍も高いそうだ。しかも中国の駅弁はおいしくないというのが多くの中国人の感想だ。ハード面や外観では中国は大きな発展を遂げたが、細部においてはまだ日本との格差を感じるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

#中国 #中国人 #先進国 #高速鉄道


ああ、日本が先進国なワケだ・・・中国人が「鉄道で感じる差」とは=中国

関連記事

【南海電気鉄道グループ×大倉グループ】海外IT・技術系人材紹介事業『 Japal (ジャパール) 』新サービス(第3期)開始!

鉄道テレマティクスの市場規模、2026年に73億米ドル到達予測

JR東日本、貴重な車両の体験・見学ツアー – 蒸気機関車や185系など

JR東海、東海道新幹線全線にミリ波方式列車無線 – 2027年運用開始

日本旅行と秩父鉄道、夜行快速「いでゆ」10時間超の乗車ツアー開催

【youtube】改札鋏やダッチングマシンも体験させて頂きました!岳南電車の吉原駅で撮り鉄!