日本旅行と秩父鉄道は、秩父鉄道の12系客車と重連電気機関車の編成による夜行急行列車「重連電機・12系客車 夜行急行『三峰51号』熊谷行の旅」を3月29日に発売する。

急行「三峰号」イメージ(加藤篤史氏提供)

往時の座席客車夜行急行を再現したツアーは2018年から企画・実施しており、今回は熊谷~三峰口~秩父~三峰口~熊谷間の経路を取り、プッシュプル(回送時)・前部重連・単機の3形態の牽引方式で運行する。

行程中、機回しが5回あり、客車列車ならではの操車光景を見られる。往路の長瀞駅ではドア扱いで2番線に停車し、1番線側から撮影できる機会を設ける。三峰口駅では参加者専用の撮影会を開催し、前部重連から単機への牽引形態変更や単機留置の様子も撮影できる。

2日目の三峰口駅到着(1回目)から三峰口駅発車(2回目)まで、三峰口駅に滞在することもでき、三峰口駅を発着する光景の撮影も可能に。オプショナルツアーとして、三峰口駅からの急行「三峰号」が武州中川駅を通過する光景撮影するための連絡バスも運行する。

電気機関車と12系客車(加藤篤史氏提供)

旅行期間は5月8~9日。1名あたりの旅行代金は、2席占有プランが大人1万8,500円・こども1万7,500円、1ボックス(4席)占有プランは大人3万5,500円・こども3万4,500円。募集人数は152名。3月29日15時から、日本旅行大阪法人営業統括部のサイトで申込みを受け付ける。

#客車 #機関車 #鉄道イベント #中小私鉄 #三セク


秩父鉄道&日本旅行共同企画「夜行急行の旅」重連電気機関車で牽引

関連記事

世界の鉄道車両市場は、2021年から2027年までの予測期間中、年平均成長率3.1%で成長すると予測されている

創元社「鉄道手帳」が史上最大リニューアル、ユーザー限定 鉄道手帳WEB アクセス権つき

コンカー、Suicaの利用履歴データを自動連携‐10月から提供開始

JR西日本「名探偵コナン列車」1編成が新デザインとなって運行開始

近鉄「青の交響曲」5周年企画第2弾、沿線の社寺・店舗と魅力を発信

京成「親子で電車運転シミュレータ体験プログラム」座学に実技も