中国国務院新聞弁公室が24日に開いた記者会見で、交通運輸部の王志清(ワン・ジーチン)副部長は、「今年1月、当部が発表した『新しい発展の構造構築に寄与するための指導的意見』は、3年行動計画を制定している。新たに敷設される都市間鉄道と通勤鉄道の営業距離数は3000キロ、新たに建設される高速道路の距離は2万5000キロ、新たに建設される民用空港が30カ所以上に達する計画」と説明した。人民網が伝えた。
その他、グローバル物流サプライチェーンの安全性を全力で確保し、多元化したグローバル物流チャンネルを積極的に開拓し、グローバル海運の重要チャンネルの安全性と円滑化を守り、グローバル航空貨物輸送能力の構築を強化し、コールドチェーンなどのウィークポイント補強を加速させ、国内外を連結させ、安全で効率的な物流ネットワークを作り上げる計画だ。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

#中国 #空港 #新設 #新聞


中国、3年間で新設する鉄道3000キロ、民用空港30カ所以上—中国メディア

関連記事

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス