東京メトロは25日、丸ノ内線四ツ谷駅の太陽光発電システムを3月26日から稼働開始し、ホームドアやエレベーターなどの駅施設の電力に活用すると発表した。

四ツ谷駅ホーム屋根上の太陽光発電システム

同社は今年3月、長期環境目標「メトロCO2ゼロチャレンジ 2050」を設定。東京メトログループ全事業が排出するCO2量「2030年度-30%(2013年度比)、2050年度実質ゼロ」をめざしている。

そのひとつとして、再生可能エネルギーの活用を推進しており、地上駅のホーム屋根上で太陽光発電システムを稼働し、ホームドアやエレベーターなどの駅設備に活用する取組みを2008年から順次実施している。丸ノ内線四ツ谷駅への導入は11駅目となる。

四ツ谷駅ホーム屋根上の太陽光発電システム
これまでの太陽光発電システムの導入事例

3月26日から稼働開始する丸ノ内線四ツ谷駅ホーム屋根上の太陽光パネルの最大出力は164kW。想定されるCO2排出量削減効果は年間約69.7トンを見込んでいる。

#駅 #地下鉄 #東京メトロ


東京メトロ丸ノ内線四ツ谷駅に太陽光発電システム – 3/26稼働開始

関連記事

JR東日本など「とれいゆ つばさ」ワーケーション新幹線の旅を実施

「JR東日本高額オレンジカード」9/30に廃止 – 10/1から払戻し実施

北陸新幹線「福井駅」外観まもなくお披露目、駅名標は8月上旬に取り付け

【名古屋プリンスホテル スカイタワー】わくわくする感動体験!高層階から見るリアル鉄道ジオラマオリジナルトレインビューBOOK付きトレインビュープラン

【youtube】時刻表チョコレート、釧路-白糠 開通120周年グッズ、E4系Maxフールセックでお喋り!

JR東日本「B.B.BASE」指定席発売へ – 利用者の要望に応え、9月から