昨年7月の九州豪雨で被災した「くま川鉄道」(熊本県人吉市)の復興資金を募るクラウドファンディング(CF)企画が24日、読売新聞社のサイト「idea market」(アイデア マーケット)で始まった。

同鉄道は、人吉温泉駅(人吉市)と湯前駅(熊本県湯前町)を結ぶ24・8キロ区間を運行。九州豪雨で国登録有形文化財・球磨川第四橋梁(きょうりょう)が流失するなど甚大な被害を受け、全線運休が続いている。

支援金1万円のリターン(返礼品)は、くま川鉄道限定の鉄印帳と読売書法会の協力による全14駅分の鉄印。読売新聞の地元紙面に名前を掲載し、紙面も贈る。

お礼のメールのみ(2000円)や企業名が紙面に掲載される企業協賛(5万円)などもある。いずれも税・送料込み。詳細は専用ページ(https://idea-yomiuri.en-jine.com/projects/kumagawa-rail)へ。

#九州豪雨 #被災 #くま川鉄道 #復興


九州豪雨で被災、「くま川鉄道」復興資金募るクラウドファンディング始まる

関連記事

緊急事態宣言発令でも人の流れ活発化 航空、鉄道予約増

近鉄「ありがとう 12200系特急 ラストラン乗車ツアー」延期が決定

『ナニコレ珍百景』に“鉄オタ”が猛ツッコミ!「解説間違ってないか?」

「鉄道車両用ワイヤーハーネスの世界市場:用途別、ケーブルタイプ別2026年予測」市場調査レポート発行

新幹線との差を認めて自主開発を断念、「これが中国高速鉄道の成功の秘訣だった=中国

炭鉱電車、最後の雄姿…警笛鳴らしながらラストラン