三菱重工エンジニアリング(MHIENG)は23日、フランス国有鉄道(SNCF)グループのケオリス(KEOLIS SA)および三菱商事とコンソーシアムを組み、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ首長国にある全自動無人運転鉄道システム「ドバイメトロ」の運行・保守と、路面電車「ドバイトラム」の運行に関する事業権を取得し、UAEの道路交通局(RTA)との間で契約を締結したと発表した。

ドバイメトロ

海外における都市軌道交通の運行への参画は、三菱重工エンジニアリングとして初とのこと。今後、3社で事業会社「Keolis MHI Rail Management and Operation LLC」(出資比率はケオリス70%・三菱重工エンジニアリング25%・三菱商事5%)を設立した後、現行の運行・保守事業者からの移管を経て、2021年9月から事業を開始する。契約期間は最長15年(9年プラスオプション最長6年)となる。

ドバイメトロは、2009年に開業した2路線・計90kmの都市鉄道で、うち当初開業した約75kmの本線について、三菱重工業がリーダーを務めた5社コンソーシアムにてEPC(設計・調達・建設)を請け負った。ドバイ国際空港や主要地域、またドバイ国際博覧会会場を結び、日常生活に欠かせない交通基盤として、人々に多様かつ利便性の高い移動手段を提供している。

ドバイメトロ
ドバイトラム

一方、ドバイトラムは2014年に開業した路面電車で、高層ビルが並び開発が著しいマリーナ地区の計10.6kmを結び、周辺の美しい景観を生かした便利かつ快適な交通手段として親しまれている。

今回の事業権契約では、都市軌道交通のシステムや車両を多く手がけた三菱重工エンジニアリングと三菱商事の実績、世界30都市での全自動無人運転のメトロとトラムの運行を誇るこの分野の世界的リーダーでもあるケオリスが持つ公共交通事業の運営ノウハウを融合させ、RTAと協力して運行・保守事業を進めていくとのこと。

#電車 #鉄道車両メーカー #地下鉄 #鉄道技術 #路面電車 #LRT


三菱重工エンジニアリング、UAEのドバイメトロ&ドバイトラム運行

関連記事

軽ワゴンの女性「車が来ないか気を取られ、警報音に気付かず」…踏切で列車と衝突

栗橋駅デッドセクションのまわりを歩く鉄さんぽ1時間

近鉄12200系の名阪特急を運転、中川短絡線も通過 – ラストラン迫る

愛される「ガチャコン電車」 滋賀の老舗私鉄・近江鉄道 「人と環境にやさしい交通をめざす全国大会in滋賀」から【コラム】

SKE48・須田亜香里、『バス vs 鉄道』で大号泣 相手チームにあおられ…

『バス vs 鉄道旅』勝敗わけた運命の1路線に太川陽介絶叫 バス旅の経験が仇に…