能勢電鉄の3100系が引退を迎えることになり、3月22日から4月25日まで記念ヘッドマークを掲出する。同社の公式Twitterも、「なごり惜しいですが、1965年から走り続けた名車が走るこの姿を目に焼き付けてください」とコメントしている。

能勢電鉄の3100系が引退を迎える

能勢電鉄の3100系は阪急電鉄から譲渡された1編成(3170×4R編成車)のみ在籍。改造により、阪急電鉄で活躍した3100系とは異なる外観となっている。引退を迎えるにあたり、デザインの異なる2種類の記念ヘッドマークを制作し、3100系の両先頭車に掲出した。

3170号車の記念ヘッドマークには、能勢電鉄の3100系とともに、阪急電鉄時代の3100系もデザイン。3120号車の記念ヘッドマークには、「3100系ありがとう」と記されている。両先頭車の記念ヘッドマークに共通するデザインとして、1965年から2021年まで56年間にわたり活躍したことを示す「56」の数字を大きく描いた。

記念ヘッドマークを掲出した3100系

記念ヘッドマークデザイン
記念ヘッドマーク

記念ヘッドマークの掲出期間は3月22日から4月25日までの予定とした上で、「掲出終了日は決まり次第お知らせします」とのこと。なお、3100系が運行される時間は日によって異なり、整備等により運行しない日もある。

#鉄道車両の引退 #中小私鉄 #三セク #電車 #阪急電鉄


能勢電鉄3100系、引退へ – 記念ヘッドマーク2種類、両先頭車に掲出

関連記事

検査不正の工場、認証取り消し=製造・販売は継続—三菱電機

【youtube】「鉄道の日(10月14日)」に合わせたお得なきっぷ!全国JR線乗り放題!JRグループ「秋の乗り放題パス」

JR北海道、北海道新幹線延伸に伴う倶知安駅新ホーム10/31使用開始

JR東海、東海道新幹線「S Work 車両」試行 – N700S専用サービスも

JR東日本「485系ジパング ファン感謝デー」盛岡車両センターで開催

国内線の一部欠航=西日本、鉄道も運休—台風14号