西武鉄道は19日、「レッドアロークラシック」が4月29日をもって約9年半にわたる定期運行を終了することを受け、「レッドアロークラシック ラストランキャンペーン」を実施すると発表した。ラストランロゴを作成したほか、記念乗車券と記念オリジナルグッズも発売される。

「レッドアロークラシック」は4月29日をもって定期運行を終了

「レッドアロークラシック」は2011年11月、10000系「ニューレッドアロー」の10105編成(7両編成)を初代「レッドアロー」の塗装色に変更した車両。特急列車として初めて拝島線や国分寺線を運行し、新型特急車両「ラビュー」のお披露目イベントでも並んで展示された。

定期運行の終了を受け、4月16~29日の期間、「レッドアロークラシック」の車体前面・側面にラストランロゴを掲出し、新宿線で定期特急列車として運行する。「レッドアロークラシック」の走行位置は西武鉄道公式スマートフォンアプリ「西武線アプリ」の列車走行位置画面で確認できる。

「レッドアロークラシック」のラストランロゴ
「さよなら『10000系レッドアロークラシック』記念乗車券」台紙イメージ


「さよなら『10000系レッドアロークラシック』記念乗車券」硬券デザイン(表面)イメージ

「さよなら『10000系レッドアロークラシック』記念乗車券」は、「レッドアロークラシック」の車体色をイメージし、写真を掲載した専用台紙にD型硬券を3枚封入した記念乗車券のセット商品で、発売額は1,000円。3月27日の7~14時に本川越駅の特設発売会場(改札外)で先行販売が行われ、3月29日の池袋駅、所沢駅、西武新宿駅の営業開始時刻から一般販売が開始される。

ラストランロゴを使用した記念オリジナルグッズは4月中旬から販売開始する予定。詳細は西武鉄道サイト内の西武鉄道グッズページにて告知される。発売予定の商品として、「レッドアロークラシック ラストランフェイスタオル」(1,200円)、「レッドアロークラシック ラストランクリアファイル」(300円)、「レッドアロークラシック ラストランダイカットアクリルキーホルダー」(500円)、「レッドアロークラシック ラストランシートマグネット」(500円)などがある。

#西武鉄道 #電車 #特急列車 #記念きっぷ #鉄道車両の引退


西武鉄道「レッドアロークラシック ラストランキャンペーン」実施

関連記事

いすみ鉄道で写真撮影のロケハン・マナー講座開催へ

検査不正の工場、認証取り消し=製造・販売は継続—三菱電機

【youtube】「鉄道の日(10月14日)」に合わせたお得なきっぷ!全国JR線乗り放題!JRグループ「秋の乗り放題パス」

JR北海道、北海道新幹線延伸に伴う倶知安駅新ホーム10/31使用開始

JR東海、東海道新幹線「S Work 車両」試行 – N700S専用サービスも

JR東日本「485系ジパング ファン感謝デー」盛岡車両センターで開催