中国のポータルサイト・百度に16日、日本と中国の高速鉄道について「中国の弾丸と日本のカモノハシ、どちらがハイスペックなのか」とする記事が掲載された。

記事は、今や中国高速鉄道が世界の鉄道業界をリードしているとする一方、世界で最初に高速鉄道の商業運行に成功した日本も高い水準を保っていると紹介。双方それぞれに大変優れており、高速での安定した運転を実現していると評した上で「両者には異なる点もある。それは、外観設計だ」と伝えた。

そして、中国高速鉄道車両の先頭部分は弾丸のような設計で比較的シンプルな形状をしているのに対し、日本の新幹線車両はノーズの部分が長く伸びたカモノハシのような形状をしており、見た目にかわいらしいと説明。「もちろんかわいらしさを追求するためにこのようなデザインになったわけではないのだが、実際のところ日中どちらの車両の方が優れた設計なのだろうか」とした。

その答えについて記事は、実際のところ両者に走行性能面で大きな差はなく、ほぼ同じだと言っても差し支えないと指摘。日本の車両が平べったいカモノハシ形状をしている理由について、騒音を減らすためなのだと紹介している。

その上で、中国では高速鉄道が人のほとんど見当たらないような場所を走行するのに対し、国土の狭い日本では都市部や村落の近くを通過することが多いほか、トンネル走行も多いため、騒音を減らす設計がより重視されているため、騒音低減効果があるカモノハシ形状が採用されているのだと解説した。

記事は最後に、中国の高速鉄道も日本の新幹線では環境の違いによって生まれるニーズが異なるため、設計部分にも自然と違いが出てくるものの、性能面ではどちらも非常に優れていることには変わりないのだと評している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

#高速 #高速鉄道 #日中 #デザイン


日中の高速鉄道はどちらもすごい! でもなぜこんなにデザインが違うの?

関連記事

これぞオリパラのレガシー 鉄道業界のバリアフリー化総集編 新幹線のフリースペースや駅ホームの安全対策をご紹介【コラム】

いすみ鉄道で写真撮影のロケハン・マナー講座開催へ

検査不正の工場、認証取り消し=製造・販売は継続—三菱電機

【youtube】「鉄道の日(10月14日)」に合わせたお得なきっぷ!全国JR線乗り放題!JRグループ「秋の乗り放題パス」

JR北海道、北海道新幹線延伸に伴う倶知安駅新ホーム10/31使用開始

JR東海、東海道新幹線「S Work 車両」試行 – N700S専用サービスも