JR東日本大宮支社は16日、烏山線の仁井田駅、大金駅、烏山駅の駅名標を3月18日にリニューアルすると発表した。新しい駅名標は地域ゆかりのモチーフをデザインしており、今後も地域や利用者に親しまれる駅づくりを行っていくとしている。

仁井田駅の駅名標デザインイメージ
大金駅の駅名標デザインイメージ
烏山駅の駅名標デザインイメージ

新しい駅名標は、地域ゆかりのモチーフと烏山線の「烏」を散りばめたデザインに。仁井田駅は駅が所在する栃木県高根沢町の名産であるいちご、大金駅は駅前にある大金神社、烏山駅は烏山の山あげ行事である「山あげ祭」をモチーフとしている。なお、各駅の駅名標取替えは3月18日を予定しているが、予告なく変更する場合がある。

#駅 #JR東日本


JR東日本、烏山線仁井田駅・大金駅・烏山駅の駅名標をリニューアル

関連記事

これぞオリパラのレガシー 鉄道業界のバリアフリー化総集編 新幹線のフリースペースや駅ホームの安全対策をご紹介【コラム】

いすみ鉄道で写真撮影のロケハン・マナー講座開催へ

検査不正の工場、認証取り消し=製造・販売は継続—三菱電機

【youtube】「鉄道の日(10月14日)」に合わせたお得なきっぷ!全国JR線乗り放題!JRグループ「秋の乗り放題パス」

JR北海道、北海道新幹線延伸に伴う倶知安駅新ホーム10/31使用開始

JR東海、東海道新幹線「S Work 車両」試行 – N700S専用サービスも