京都鉄道博物館は4月に開催するイベント情報を発表。京都鉄道博物館が保存展示している新幹線にまつわるセミナー「THE SHINKANSEN~0! 100! 500!!」をはじめ、スシ28形301号車の車両公開、ジョイフルトレインの収蔵写真展などの催しを開催する。

新幹線0系
新幹線100系

車両解説セミナー「THE SHINKANSEN~0! 100! 500!!」は、京都鉄道博物館が保存展示している0系21形1号車、0系16形1号車、0系35形1号車、100系122形5003号車、500系521形1号車といった新幹線車両について解説する。4月17・18日の2日間、11時30分から12時まで、14時から14時30分まで、15時から15時30分まで3回実施され、各回30分前から整理券を配布。参加費は無料(要入館料)で、定員は各回先着20名となる。

週末を中心に実施している展示車両の車内公開では、スシ28形301号車の車内を公開。1933(昭和8)年、、食堂車と2等室からなるスロシ38000形として登場した車両で、1961(昭和36)年に交通科学館での展示兼食堂営業用の車両として全室食堂車へと改造され、スシ28形301号車に改称された。開催日時は4月の土曜日・日曜日・祝日の10時から16時30分となっている。

「サロンカーなにわ」と「サロンエクスプレス東京」

収蔵写真展「ジョイフルトレインの旅」では、国鉄が1980年代に運行を始めた団体専用列車の別名「ジョイフルトレイン」の写真を公開。見た目が個性的で豪華な造りが特徴で、「サロンエクスプレス東京」「サロンカーなにわ」「ユーロライナー」など約20点を展示する予定。開催日時は4月3日から7月25日の10~17時となる。

その他、「鉄道と衛生」をテーマとした「おとなの学び講座」を4月15日14~15時、こどもから大人まで乗車できるミニSL(模型列車)運転会を4月29日に開催。4月29日に京都鉄道博物館がグランドオープン5周年を迎えることを記念し、グランドオープン5周年記念イベントも企画されている。

#鉄道博物館 #観光列車 #国鉄 #新幹線 #JR西日本 #電車


京都鉄道博物館、新幹線解説セミナー&ジョイフルトレイン写真展

関連記事

【南海電気鉄道グループ×大倉グループ】海外IT・技術系人材紹介事業『 Japal (ジャパール) 』新サービス(第3期)開始!

鉄道テレマティクスの市場規模、2026年に73億米ドル到達予測

JR東日本、貴重な車両の体験・見学ツアー – 蒸気機関車や185系など

JR東海、東海道新幹線全線にミリ波方式列車無線 – 2027年運用開始

日本旅行と秩父鉄道、夜行快速「いでゆ」10時間超の乗車ツアー開催

【youtube】改札鋏やダッチングマシンも体験させて頂きました!岳南電車の吉原駅で撮り鉄!