JR北海道と佐川急便は3月24日から、北海道新幹線を使用した宅配便荷物の輸送事業を開始する。平日の上り1本(新青森行)において、佐川急便が道央・道南地区で集荷して青森県域へ配達する宅配便荷物を専用ボックスに入れ、新函館北斗駅で客席に積み込む。

JR北海道と佐川急便が北海道新幹線を使用した宅配便荷物の輸送事業を開始する

専用ボックスを積み込んだ列車はその後、新青森駅で佐川急便の担当者が専用ボックスを列車内から取り下ろして営業所に運び、納品先に配達する。

JR北海道では、JR東日本グループと連携し、北海道産の生鮮品や駅弁など新幹線を使って東京駅へ運ぶことも検討している。新函館北斗駅から新幹線の業務用室に積み込んで東京駅へ運び、生鮮品は都内の飲食店などに納品。駅弁は駅構内の店舗で販売する流れを想定しており、事業化に向けて調整を進める。

#JR北海道 #新幹線 #電車


JR北海道と佐川急便、北海道新幹線で宅配便荷物の輸送事業を開始へ

関連記事

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス

アムトラック脱線現場