アートディンクは、都市開発鉄道シミュレーションゲーム『A列車で行こう はじまる観光計画』を3月12日(金)に発売した。対応プラットフォームはNintendo Switchで、パッケージ版・ダウンロード版ともに価格は税別6980円。日本語のほか、英語、中国語(繁体字/簡体字)、韓国語に対応している。

パッケージ版の早期購入特典には、本作の楽曲を含む『A列車で行こう』シリーズから全18曲を収録するオリジナルサウンドトラックCD「おでかけ日和」が付属する。

1985年に第1作が発売されたシリーズの最新作『A列車で行こう はじまる観光計画』は、鉄道会社の経営者として鉄道を延ばし、沿線を中心に街と会社を発展させていく作品である。本作では、新たに「観光」の要素が追加されており、バスやフェリーなどのあらゆる輸送手段を使って観光資源へ人を呼び込める。

また、作中には「新幹線の開通で莫大な借金を負ってしまった街」をはじめ、8つのシナリオを収録。イラストレーターの日向悠二氏がデザインを手がけた仲間たちによる丁寧なチュートリアルで楽しく学びながら遊べるほか、自由にマップを製作可能な「コンストラクション」モードでジオラマ作りを楽しむこともできる。

(画像ははじまる観光計画|A列車で行こう はじまる観光計画|Nintendo Switch|アートディンクより)

(画像ははじまる観光計画|A列車で行こう はじまる観光計画|Nintendo Switch|アートディンクより)

(画像ははじまる観光計画|A列車で行こう はじまる観光計画|Nintendo Switch|アートディンクより)

このほか、自分好みの列車をデザインする「車両カスタマイズ」や鉄道の「ダイヤ設定」機能、自分だけの物語を「コンストラクション」モードで製作したマップに付けられる「シナリオメーカー」などの要素も搭載。

制作した街はネットワーク上にアップロードして共有できるほか、別のプレイヤーが作ったシナリオをダウンロードして遊ぶことも可能だ。

(画像は自分だけの「A列車体験」!|A列車で行こう はじまる観光計画|Nintendo Switch|アートディンクより)

(画像は自分だけの「A列車体験」!|A列車で行こう はじまる観光計画|Nintendo Switch|アートディンクより)

なお、本作については個人のプレイヤーへ向けた動画投稿・ライブ配信のガイドラインが整備されている。本作に興味があれば、まずは無料配信中の体験版や、ほかのプレイヤーによる動画・ライブ配信をチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

マイニンテンドーストアの『A列車で行こう はじまる観光計画』ストアページはこちら『A列車で行こう はじまる観光計画』公式サイトはこちら

#シミュレーションゲーム #観光 #発売 #ネットワーク


鉄道で街と会社を発展させるシミュレーションゲーム『A列車で行こう はじまる観光計画』が発売。自分だけのマップやシナリオを作り、ネットワーク上で共有可能

関連記事

地方の鉄道会社、存続には「行政の支援が不可欠」「経費これ以上削減は困難」

『第14回 タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット』審査結果発表

JR西日本・ソフトバンク「自動運転・隊列走行BRT」実証実験開始へ

「大阪メトロ」御堂筋線淀屋橋駅に可動式ホーム柵 – 10/2運用開始

JR西日本、山陽新幹線姫路~岡山間「帆坂保守基地」10/1運用開始へ

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ