1年前の2020年3月、東日本大震災で被害を受けた鉄道路線のすべてで運転が再開された。最後に残ったのは、福島第一原発事故の影響で沿線一帯が帰還困難区域に指定されていた常磐線富岡〜浪江間。一昨年の2019年には旧JR山田線の釜石〜宮古間が復旧して三陸鉄道に移管しており、昨年の常磐線の全線復旧によって、震災以降寸断されていた東日本の太平洋側の鉄路がいちおうはつながったのである。

今回は、そんな太平洋側の被災路線の終着駅の旅をした。震災にまつわるあれこれの物語はいろいろなところで語られているだろうから、ここではシンプルに“被災路線の終着駅”を目指してみようと思う。

10年後の三陸鉄道リアス線…あのローカル終着駅「盛駅」はどうなった?

そこで路線図を眺めていると、ひとつ気になる駅があった。三陸鉄道リアス線の盛駅だ。三陸鉄道リアス線は岩手県大船渡市の盛駅から太平洋沿いを走りながら釜石・宮古を経て岩手県久慈市の久慈駅までを結んでいる、163.0kmの長大ローカル線だ。盛駅はその起点、ということになる。

いったいなぜ、この盛駅が目にとまったのか。ひとつは、盛駅に乗り入れている鉄道路線が三陸鉄道だけであるということだ。震災前まではJR大船渡線がつながっていたが、震災で大船渡線が被災すると鉄道ではなくバス(Bus Rapid Transit:BRT)での復旧となり、盛駅は鉄道駅としては完全に孤立したターミナルになってしまったのだ。

そしてもうひとつは、大船渡市のターミナルなのに駅名が市名ではないことだ。肝心の大船渡駅はJR大船渡線側のほうにあるのだが、つまりはかつて盛駅は大船渡線の終点にして三陸鉄道のはじまりでもあったというわけだ。いったい、盛という駅はどんな駅なのだろうか。

“被災路線の終着駅”盛駅には何がある?

というわけで、盛駅を訪れた。三陸鉄道しか通っていない盛駅に行く方法はおおよそ2つ。素直に釜石駅あたりから三陸鉄道に乗ってやってくるというのがひとつだ。もうひとつはJR大船渡線を転換したBRTに乗って訪れるルート。今回は、せっかくなのでBRTに乗って行くことにした。

被災した路線のうち、BRTに転換した路線は大船渡線ともうひとつJR気仙沼線もある。いずれも全区間がBRTになってしまったわけではなく、内陸部を走る区間は今も鉄道だ。なので、途中からBRTに乗り継いで向かうことになる。一ノ関から大船渡線で気仙沼、そこからBRTに乗り継ぐのもいいけれど、これまたどうせならばと、気仙沼線の柳津駅からひたすらBRTに乗って盛駅を目指した。

ところでBRTって?

BRTはただのバスではなくて、バスのための専用道路を多く走る点に特徴がある。

この専用道路は、もともと鉄道の線路が敷かれていた場所をそのまま利用したものだ。なので、渋滞に巻き込まれてめちゃくちゃ遅れたりするような心配がないというわけである。そして、基本的なルートはその専用道路を走りながらもよきところで一般道に移って学校や病院、観光施設など町の主要なスポットを巡ることもできる。つまり、バスと鉄道のいいとこ取りをしているのが、BRTなのである。

いや、バスと鉄道だったらスピードが違うよね、というツッコミがありそうだが、もともとお客の少ないローカル線は鉄道もさしてスピードを出していない。BRTは信号待ちのいらない専用道路を走るから、実際にそんなに極端に時間がかかっているという印象は抱かない。ただ、乗り心地は完全無欠の路線バスである。

約2時間で気仙沼駅から乗り換え

柳津駅から気仙沼線のBRTに乗ると、他にお客は観光客か鉄道ファンかと思しき人が数名いるだけであった。そこからバスはゆったりと南三陸町などを経て走っていく。途中で乗ってくる人が何人かいたが、どうやらほとんどの人が終点の気仙沼駅を目指すようだ。

1時間45分ほどかかって気仙沼駅に着く。そしてここで30分ほど待ったのちに大船渡線を転換したBRTへの乗り換えだ。気仙沼駅には鉄道としての大船渡線も乗り入れていて、駅舎から改札を通った先にBRTの乗り場と列車のホームが並んでいる。震災前までは、このBRTの乗り場も列車のホームだったのだ。

陸前高田、大船渡…大きな被害を受けた町々を抜けていく

大船渡線のBRTはどちらかというと地元のお客がよく乗っているようだ。途中で通るのは陸前高田。南三陸町もそうだが、震災では津波で大きな被害を受けた町だ。その町の中では、地元の人たちが乗り降りするシーンもあった。鉄道よりは機動性に優れるバスならでは、ということだろう。

まさに復興途上といったぐあいの町の中を抜け、大船渡の市街地に入るといよいよ終点・盛駅。バスなのに駅というのはいささか違和感があるが、もともとは列車が走っていたところをバスが走る。やはり、少し不思議でおもしろい。

3時間半を越える長旅 ついに盛駅に到着

そんなこんなで柳津駅からすると3時間半を越える長旅は、ようやく終わり、盛駅に到着した。

気仙沼駅でもそうであったように、BRTのバスは駅舎の先の“元ホーム”に停まる。ホームから駅舎を抜けて駅前に出るのは鉄道とまったく同じだ。

「三陸鉄道ここに始まる」

駅前に出ると、盛駅には2つの駅舎があった。JRの盛駅と三陸鉄道の盛駅だ。改札の先のホームは共有しているので、駅舎だけが別々ということなのだろう。JR盛駅が駅前広場の中心に、三陸鉄道が端っこに。このあたり、天下のJRと三セクの立場の違いなのか。いま、盛駅にやってくる“鉄道”は三陸鉄道だけなのに、なんだか不遇の三陸鉄道に同情してしまう。

駅前広場を少し歩く。すると、傍らに「三陸鉄道ここに始まる」と書かれた碑があった。盛駅は三陸鉄道リアス線の起点だからまさにそのとおりなのだが、もっと深い意味がありそうだ。

三陸鉄道は1970年に盛〜綾里間で開通した元国鉄盛線にルーツがある。その盛線をはじまりに少しずつ延伸を重ね、1984年に第三セクター三陸鉄道に転換、盛〜釜石間の南リアス線と宮古〜久慈間の北リアス線が開通する。

これによって、三陸地方はすべて鉄道で結ばれることになった。明治三陸津波以来の悲願と言われた三陸縦貫鉄道、まさしく盛駅に端を発する三陸鉄道の開通によって完成したのである。つまり、盛駅前の小さな碑は、三陸の人たちの宿願が凝縮されたものだといっていい。盛駅に着いてそうそう、なかなか思いのこもったものを見た。

駅の周りをもう少し歩く。駅前広場の先には比較的広い通りが走っていて、その両脇には商店や住宅が連なる。盛という町は、どうやらこの一帯の中心市街地のようだ。

駅前から右に(つまり北側)に行くとサンリアショッピングセンターという商業施設があったり、山側に向かって進めば大船渡市役所もほど近い。路線図を見るとわかるが、大船渡市の中でも比較的内陸に位置する、そんな市街地である。

行政の中心「盛」と港町の「大船渡」で発展してきた

ここで少し歴史を調べてみる。すると、盛という町は古くからこの一帯の中心だったようだ。

近世までは盛街道という盛から内陸の水沢までを結ぶ街道も伸びていて、その宿場町として栄えた。さらに近代以降も気仙郡の郡役所が設けられたのも盛の町だ。大船渡市といいながらターミナルが盛と名乗るあたりに疑問を覚えたが、むしろ盛がこの町の中心。対して、大船渡は大きな船が着く場所という由来を持つ港町だ。実際、大船渡線の大船渡駅は盛駅から少し南の海側にあった。

明治時代には三陸各地を結ぶ航路・三陸汽船の定期寄港地にもなっていて、重要港湾としての整備も進んでいった。とにかく、古くからの行政の中心である盛と港町の大船渡がツートップとして、この町は発展してきたのである。

盛駅のもうひとつの姿

歴史を知ったところで、もう少し盛駅を歩こう。駅から線路をまたいだ東側に向かっては駅舎の横から立派な跨線橋が通じている。その跨線橋を渡ると眼下に盛駅の構造がよく見える。

駅舎に面した西側にBRTの専用道路と乗り場(つまりホーム)があって、三陸鉄道のホームは東端。いま、列車がくるのはこの三陸鉄道のホームだけである。ところが、さらにそこから東に向かっても線路がいくつも並んでいるのだ。

それだけなら終着駅らしい車両基地なのかなと思うところだが、それらの線路の上には何やら黒くて無骨な風体をした貨車が並んでいる。何かを積んでいる様子はないが、とにかくたくさんの貨車だ。最初にBRTを降りたときにはすぐに駅舎に入ってしまったので気が付かなかったが、駅舎の裏側にはたくさんの貨車が並ぶ。これが盛駅のもうひとつの姿であった。

貨車群の正体

このたくさんの貨車群、持ち主は三陸鉄道でもJRでもなくて、岩手開発鉄道という貨物路線専門の鉄道会社のものだ。大船渡の町の山奥にある鉱山から海の近くにある太平洋セメントの工場まで石灰石を運ぶのが岩手開発鉄道の役割だ。ちょうどその途中に盛駅がある。岩手開発鉄道は1950年に盛〜日頃市間で開通したのがはじまりで、1957年に海側の赤崎まで延伸。1960年には日頃市〜岩手石橋間も開通している。

基本的には貨物専用だったが、盛〜岩手石橋間では旅客営業もしていたという。旅客列車は1992年限りで走らなくなってしまったが、その当時の岩手開発鉄道盛駅のホームが片隅に残っていた。車両1両も停まればいっぱいになりそうな小さなホームに小さな待合所。メインが貨物輸送なのでしょうがないが、三陸鉄道やJR大船渡線との乗り換えはどうしていたのだろうか。件の跨線橋は、岩手開発鉄道のホームとはずいぶん離れたところにあった。

三陸鉄道の“はじまり”の場所

跨線橋を渡った先の東側も、ほとんど住宅が建ち並ぶ市街地が続く。人口約3万5000人という小さな港町・大船渡だが、そこで暮らす多くの人がこの盛駅から海側の大船渡駅付近に住んでいるということなのだろうか。ただ、町を少し歩いてもクルマは通るけれど人通りはほとんどない。盛駅前に戻って三陸鉄道の列車を待っていても、やってくる人も少ない。せいぜい、三陸鉄道に乗りに来たような旅行者ばかりだ。

2011年の東日本大震災では、海側の大船渡駅は津波に呑まれてしまった。内陸の盛駅はそこまでの被害は受けなかったが、それでも駅構内に津波が押し寄せてきたという。そして震災後に大船渡線から列車は消えた。それでも、三陸鉄道の“はじまり”の場所としては今も健在だ。三陸鉄道というと、ラグビーの町・釜石や海の幸でおなじみの宮古、そして『あまちゃん』の久慈がよく知られる。だが、三陸鉄道のすべてがはじまった盛の町も、忘れてはならない。

写真=鼠入昌史

(鼠入 昌史)

#三陸鉄道 #津波 #ローカル #常磐線


津波が押し寄せた三陸鉄道リアス線…“あのローカル終着駅”「盛駅」は10年後どうなった?

関連記事

横浜市営地下鉄「ギャラリートレイン」運行、100年の歴史を写真で

「回数券」は死語になる!? 鉄道回数券の相次ぐ廃止でも激安で乗る「裏技」はまだある!

新幹線「ALFA-X」&「はやぶさ10周年記念」Tシャツの予約販売開始

【youtube】天橋立駅でぶらぶらしつつ撮り鉄してみた

「西武園ゆうえんち」5/19オープン、ゴジラのアトラクションも登場

【ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路】お子様の“鉄分”補給にぴったりな鉄道ルームが誕生!