遠州鉄道は9日、新造車両2008号編成(モハ2008・クハ2108)を導入し、営業運転に先立ち、3月13日に西鹿島駅2番線でお披露目の展示を行うと発表した。

遠州鉄道の新造車両2008号編成

新造車両2008号編成は3月13日の11月20~35分と11時40~55分の2回に分け、西鹿島駅2番線でお披露目される。各回30名を定員とし、西鹿島駅の受付(駅舎北側)にて、当日11時から先着で整理券の配布が行われる。

整理券の配布は1人1枚とされ、配布時間に列に並んでいない場合は配布されない。新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策として、全員マスクの着用が求められ、受付にて検温や手指消毒が実施される。

#車両新造 #改造 #中小私鉄 #三セク #電車


遠州鉄道、新造車両2008号編成を西鹿島駅でお披露目 – 3/13に実施

関連記事

横浜市営地下鉄「ギャラリートレイン」運行、100年の歴史を写真で

「回数券」は死語になる!? 鉄道回数券の相次ぐ廃止でも激安で乗る「裏技」はまだある!

新幹線「ALFA-X」&「はやぶさ10周年記念」Tシャツの予約販売開始

【youtube】天橋立駅でぶらぶらしつつ撮り鉄してみた

「西武園ゆうえんち」5/19オープン、ゴジラのアトラクションも登場

【ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路】お子様の“鉄分”補給にぴったりな鉄道ルームが誕生!