JR東日本は10日、北陸新幹線のE7系に車いす用フリースペースを初導入すると発表した。7月から北陸新幹線の一部列車で利用可能となり、対象列車については確定次第、JR時刻表の巻末の編成表やJR東日本サイトにて告知される。

車いす用フリースペース設置イメージ(JR東日本提供)

JR東日本では、「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法)」にもとづき、新幹線の車いすスペースを1列車に1席以上整備し、車いすでも利用可能な多目的室やグリーン車の車いすスペースの整備も進めている。

今回、バリアフリー法にもとづく公共交通移動等円滑化基準の改正(2020年10月改正、2021年7月施行)を受け、新幹線の新たなバリアフリー対策として、車いす用フリースペースの導入を検討。その結果、E7系における車いす用フリースペース初導入に関する計画がまとまったとのこと。

北陸新幹線のE7系では、7号車の金沢寄りに設置した車いすスペースを4席に増加。これにより、車いすに座ったままで車窓が楽しめるスペースが2席用意される。

車いす用フリースペースの設置位置(JR東日本提供)

新たに車いす用のフリースペースが設定された列車の予約については、従来の車いす対応座席と同様、「みどりの窓口」または電話やウェブを通じて、乗車1カ月前の日の10時から受け付ける。なお、満席などの場合は希望の列車に乗車できない場合があるため、JR東日本では早めの申込みを呼びかけている。

#JR東日本 #新幹線 #電車


JR東日本、北陸新幹線E7系に車いす用フリースペース – 7月に導入へ

関連記事

軽ワゴンの女性「車が来ないか気を取られ、警報音に気付かず」…踏切で列車と衝突

栗橋駅デッドセクションのまわりを歩く鉄さんぽ1時間

近鉄12200系の名阪特急を運転、中川短絡線も通過 – ラストラン迫る

愛される「ガチャコン電車」 滋賀の老舗私鉄・近江鉄道 「人と環境にやさしい交通をめざす全国大会in滋賀」から【コラム】

SKE48・須田亜香里、『バス vs 鉄道』で大号泣 相手チームにあおられ…

『バス vs 鉄道旅』勝敗わけた運命の1路線に太川陽介絶叫 バス旅の経験が仇に…