東武トップツアーズは9日、東武鉄道200型「りょうもう」が2021年に就役30年を迎えることを記念し、ソーシャルディスタンス(2席を1人で使用)に配慮した、北館林車両解体場と南栗橋車両管区を見学する日帰りツアーを3月27日に実施すると発表した。

記念乗車証
東武鉄道200型「りょうもう」就役30周年記念ツアー

「東武鉄道200型『りょうもう』就役30周年記念ツアー」は、普段運行しない北館林車両解体場留置線に入り、解体予定の20000型のモケットシートを橋代わりに使い、200型から20000型への移動と車両見学を行う。

南栗橋車両管区に到着した後、記念ヘッドマークを掲出した200型の撮影会が実施され、200型の実物シートの限定販売応募会に参加できる(2席1セットで限定10セットを予定)。ツアー参加特典として、200型のプレートの実物大レプリカ(鋳物製)、「急行りょうもう浅草」の実物大の側面方向幕レプリカ、実物のモケットシートの生地を裏面に貼付した珍しい記念乗車証がプレゼントされる。

3月27日限定のツアーで、旅行代金は大人1万6,800円・こども1万5,200円。浅草駅を9時8分に発車し、館林駅から北館林車両解体場まで往復した後、東武動物公園駅を経て南栗橋駅から南栗橋車両管区まで往復。浅草駅に15時5分に到着する行程となる。3月11日11時から、東武トップツアーズWEB販売センターや各支店で販売開始する。

#東武鉄道 #鉄道イベント #電車 #特急列車


東武鉄道200型「りょうもう」就役30周年記念ツアー、3/11予約開始

関連記事

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場