京都鉄道博物館は8日、タカラトミーが設立した架空の鉄道会社「プラレール鉄道」の本格始動に合わせ、「プラレールフェスティバル in 京都鉄道博物館」を3月20日から5月11日まで開催すると発表した。「プラレール」の世界を楽しめる展示や映像のほか、「プラレール鉄道で旅する西日本」を再現したジオラマなどを展示する。

「プラレールフェスティバル in 京都鉄道博物館」を開催

「プラレール鉄道」は、タカラトミーが「プラレール」60周年を記念し、2019年に“創立”した架空の鉄道会社。2021年、「プラレール鉄道」をプロジェクトとして本格始動し、「てつどうにトキメキを こどもたちにワクワクを」をテーマに、「プラレールの新しい遊び」を楽しめる玩具展開のほか、全国の実在鉄道会社との垣根を超えたコラボレーションを展開する。

「プラレールフェスティバル in 京都鉄道博物館」では、「プラレール鉄道」のオリジナル車両「スピードジェット」の大型バルーン模型を3月20~31日の期間限定で、新幹線500系の横に展示。「スピードジェット」や「プラレール鉄道」に関する商品展示と映像上映に加えて、記念撮影が楽しめるコーナーも用意される。

プラレール鉄道のオリジナル車両「スピードジェット」
「スピードジェット」大型バルーン模型の展示イメージ
プラレールで作られた西日本のジオラマ(イメージ)
プラレールのパッケージが大きくなって登場(イメージ)

その他、実際よりも大きく作られた「プラレール」のパッケージをはじめ、一緒に記念撮影を行える「プラレール」の巨大なTシャツ、西日本の観光名所などを再現したジオラマ、「プラレール」でできた大きなトンネルなどが展示される。

#子鉄 #鉄道博物館 #鉄道模型 #玩具 #JR西日本 #電車 #鉄道イベント


京都鉄道博物館「プラレール鉄道」本格始動に合わせたイベント開催

関連記事

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場