近畿日本鉄道は8日、定期運用を終えた12200系を臨時特急列車として運転すると発表した。大阪上本町~賢島間・近鉄名古屋~賢島間でそれぞれ列車を設定し、4月10・11・25・29日の4日間、各1往復の運転を予定している。

今年2月に定期運用を終えた12200系。4月に臨時特急列車として運転

大阪上本町~賢島間の臨時特急列車の運転時刻は、往路(列車番号「3903」)が大阪上本町駅9時38分発・賢島駅12時15分着、復路(列車番号「8604」)が賢島駅16時36分発・大阪上本町駅19時30分着。大阪上本町~賢島間の途中停車駅は鶴橋駅、大和高田駅、大和八木駅、榛原駅、名張駅、伊賀神戸駅、榊原温泉口駅、伊勢中川駅、松阪駅、伊勢市駅、宇治山田駅、五十鈴川駅、鳥羽駅、志摩磯部駅、鵜方駅となっている。

近鉄名古屋~賢島間の臨時特急列車の運転時刻は、往路(列車番号「3915」)が近鉄名古屋駅9時35分発・賢島駅11時52分着、復路(列車番号「4414」)が賢島駅14時8分発・近鉄名古屋駅16時32分着。近鉄名古屋~賢島間の途中停車駅は桑名駅、近鉄四日市駅、白子駅、津駅、伊勢中川駅、松阪駅、伊勢市駅、宇治山田駅、五十鈴川駅、鳥羽駅、志摩磯部駅、鵜方駅となっている。

大阪上本町~賢島間の臨時特急列車の運転時刻
近鉄名古屋~賢島間の臨時特急列車の運転時刻

12200系は1969(昭和44)年から近鉄特急の主力車両として運行され、同社の特急車両では最多両数(168両製造)を誇り、オレンジと紺のツートンカラーで長年にわたり汎用特急に使用されてきた。お召し列車などの貴賓列車としても幾度となく使用され、1975(昭和50)年に英国のエリザベス女王夫妻も乗車したという。

定期特急列車としての運用は今年2月12日をもって終了したが、4月の4日間、臨時特急列車として運転されることになり、「『12200系車両』にご乗車いただける残り少ない機会となりますので、ぜひご利用いただければ」と同社。乗車券の他に特急券の購入が必要で、各列車とも運転日の1カ月前(同日)の10時30分から特急券を販売開始する。駅窓口やインターネット予約・発売サービス等にて、通常の特急列車と同様の方法で購入できる。

#鉄道車両の引退 #近鉄 #電車 #特急列車


近鉄12200系、臨時特急列車に! 4月の4日間、大阪・名古屋から1往復

関連記事

岐阜県長良川鉄道「美濃市」駅にコワーキングスペース新規開業

「ネコ駅長」の駅、新たに「ネコ職員」も誕生

【youtube】お昼からのおでかけ旅に!大井川鐵道「大井川本線午後からゆるたびフリーきっぷ」!

JR西日本「ICOCA」キャラクター「イコちゃん」の懐中時計 – 書泉

JR、GW指定席予約状況 – 東海道新幹線は前々年比17%、前年比222%

西武鉄道「レッドアロークラシック」ラストラン後、臨時特急列車に