ロッド・スチュワートが、大好きな鉄道模型をアメリカからイギリスに運ぶために、船舶用のコンテナを7つチャーターしたという。

英エセックスの自宅でより多くの時間を過ごそうとしているロッドだが、お気に入りの趣味を諦めたくなかったため、その巨大な鉄道模型を慎重に梱包して、ロサンゼルスから約8,777km離れたイギリスの自宅まで運んでもらったそうだ。
ある関係者はザ・サン紙にこう語る。
「ロッドが鉄道模型に入れ込んでいることはよく知られています。彼は、それを王室の宝飾品のように扱うんです」
そして別の関係者は「彼の子供達はイギリスの学校に通っていて、成長を見届けるため、ここでもっと時間を過ごしたいのです」と続けた。
以前ロッドは、「グラント・ストリート・アンド・スリー・リヴァーズ・シティ」と呼ばれる第2次世界大戦下のニューヨークはマンハッタンの街並みのレプリカを制作するのに、26年間も費やしたと明かしていた。
「これは、僕の好きな風景なんだ。細部へのこだわりさ。もの凄いこだわりが卓越している。見栄えの悪い隙間もダメだし、舗道がきれいすぎてもダメなんだ」
この手の込んだ鉄道模型は、長さが約37.7m 、幅が7mにも及び、1940年代からインスピレーションを受けたペンシルバニア鉄道シーンを含む、稼働している鉄道の駅やクラシックカーが配置された幾つかのアメリカの街並みを再現しているそうだ。
さらにロッドは、自身がイギリス生まれであることのしるしとして、彼が生涯にわたってサポートしているスコットランドのサッカーチーム、セルティックFCにちなんでセルティック・コール&スティール社のビルを組み入れているという。

1993年にビバリーヒルズの豪邸に移り住んだ際に鉄道模型の趣味を始めたロッドは、これほどまでに時間がかかると知っていれば、このプロジェクトに取り掛からなかっただろうとも話している。
「110パーセント集中しなければならないんだ。始めたからには終わらせないといけない。でも、もしこんなに時間がかかると知っていたら、ノー!ってたぶん言っていただろうね」
そんなロッドは、ツアー中も模型作りに勤しむそうで、ホテルを取る際、キットを組み立てたり、パーツの色塗りをしたりするための部屋を別に用意するそうで「事前に彼らには伝えるんだけど、とても柔軟に対応してくれるよ。ベッドをのけて、換気が良くなるようにファンを設置してくれるんだ」と話している。

#模型 #コンテナ #イギリス #アメリカ


ロッド・スチュワート、コンテナ7つで鉄道模型を米→英輸送

関連記事

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス