名古屋鉄道は、3月15日以降の平日ダイヤにおける新鵜沼駅6時0分発・6時16分発の急行2本を対象に、特別車両券「ミューチケット」を発売する。一部特別車特急車両を急行に使用し、通勤時間帯の着席サービス拡大を図るため実施される。

名鉄の一部特別車特急車両2200系

「一般車両のみにご乗車いただいている急行列車において特別車両をご利用いただけるよう、特別車両券『ミューチケット』を発売するのは初めてです」と同社。対象となる急行2本は、平日朝の時間帯に新鵜沼駅6時0分発・名鉄名古屋駅6時36分発・豊川稲荷駅7時51分着、新鵜沼駅6時16分発・名鉄名古屋駅6時55分発・河和駅7時48分着で運転される。新鵜沼発豊川稲荷行の急行は途中、新安城駅で豊橋行の特急に追い越される。

発売日は3月13日、発売額は1乗車360円とされ、名鉄ネット予約サービスをはじめ、名鉄出札係員配置駅(弥富駅、赤池駅は除く)の出札窓口、名鉄名古屋駅サービスセンター、特別車停車駅のタッチパネル式自動券売機にて取り扱う。なお、対象列車は「乗継ミューチケットの対象となります」「5月以降のミュー定期券(4月1日より発売)の対象となります」とのこと。

#電車 #名鉄


名鉄、平日朝の急行2本を対象に特別車両券「ミューチケット」発売

関連記事

上越に春 「跳ね馬」くっきり 例年より雪解け早く 新潟・妙高山

JR北海道、東風連駅を移設・改称 – 駅と鉄道の再生へ前向きな解決

近鉄奈良線、平城宮を迂回&大和西大寺駅高架化へ – 現在の状況は

養老鉄道に3両編成ラッピング電車 – 大垣ケーブルテレビ新ロゴ入り

「阪急マルーン」カラーインク&阪急電車オリジナル万年筆4/26発売

南海電鉄と泉北高速鉄道、両社の特急車両に無料Wi-Fiサービス導入